和泉市の耐震、水回りリフォームの正住です。

今日は、良い天気。(^u^)

でも、朝晩は、少し肌寒くなってきましたね。



雨が降る中、耐震診断の調査に行って来ました。

昭和48年の建売住宅で、年数が経って、老朽化している部分もあるのですが、

もともとの施工もあまり良くなかったように思われます。



内部側から、湿気等が回って、外壁が剥離している状態…。

この裏は、浴室なのですが、浴室ってどうしても湿気がこもりがちなので、

何らかの防水対策が必要です。(システムバスに入れ替えるとか…)

このままでは、内部側に水が回りぱっなしで、肝心の土台や柱を、一層、腐朽させてしまいます。



建物をぐるりと一周したのですが、外壁にクラック(ひび)が数ヶ所あったり、上の写真のように、

完全に剥離していたりで…。(・´з`・)

建築当時の施工も良くないみたいで、下地のラス(露出している金網状の物がラスと言い、

左官屋さんが、モルタル(セメント)を壁に塗り付けていけるように、柱などに留め付けていくモノ)が、

うっすら見えている状態で、窓サッシ廻りの防水対策も不完全です。



建物内部に入ってみると、案の定、雨漏りがしていて、(調査当日は、運よく?大粒の雨…(・´з`・))

天井などは、水が回って、完全に腐朽しています。

一回の雨漏りでは、ここまでにならないので、今まで、ずっと雨漏りしていたように思われます。

上の写真は、2階の和室ですが、1階も同じように雨漏りしている箇所が…。



外壁だけでなく、屋根にも問題がありそう…。

屋根は、昔、よく施工していたシングル屋根葺き。(*”ω”*)

年数とともに、経年変化で、屋根材が反ってきていますし、棟廻りの屋根材もめくれているような…。

実際に、屋根の上に上がったわけではないのですが、屋根材も寿命がきている様子…。



 

さらに、ビックリしたのが、屋根と外壁の取合い部の雨仕舞が、完全に出来ていないと言う事。

下から見ただけでハッキリわからないのですが、屋根ルーフィング材みたいな物を、上から

張り下ろしているだけで、下の方は、留め付けていません。(*_*)

これでは、強風の雨降り時には、雨が入り放題?ですし、風があまり強くない時でも、

雨は、上から伝ってきて、建物内部に水が回ってしまいます。

建物の価値を、一気に損ねてしまう、雨漏りによる被害。

耐震診断で調査に行ったのですが、屋根や外壁などの雨漏りの事も、

早急に手を打たなければならないご様子…。

ぜひ、ご検討の方を、お願い致します。

屋根や外壁のことも、正住におまかせあれ…なのでした( ˘ω˘)スヤァ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━