おはようございます!

和泉市の水回りリフォームの正住です。

昨日は、1日、雨でしたね。

なかなか、好天に恵まれず、今日もどんよりとした天気…。(;一_一)



この間の台風で、雨漏れした家が何件かあり、現調に行って来ました。

そのうちの一つ、築50年、本格和風の立派な…おうち。

普通の雨では、大丈夫らしいのですが、台風などの強風時には、かなり雨が入ってきているような感じです。

天井や壁には、雨漏れシミ跡が付いて黒っぽくなってきており、今回の台風だけでなく、

以前から、雨が入っているみたいです。(`・ω・´)ゞ



実際に、屋根の上に上がると、雨漏り箇所の周辺では、屋根の形が、複雑になっています。

上記のような屋根の形を、入母屋(いりもや)と言いますが、

棟廻りの屋根同士が交錯する部分が、雨漏りしやすい箇所と言えるでしょう。



写真では、わかりにくいのですが、棟に積まれているノシ瓦(平たい瓦材。

通常、棟廻りや壁との取り合い部などに、使われるもの。) と、下り棟の取合い部分周辺が、

雨漏り箇所の上部付近になります。

白く見えているのが、屋根漆喰(シックイ)なのですが、劣化で欠落していて、

屋根土が、一部露出しています。

ノシ瓦とノシ瓦の間に詰めているコーキング材は、瓦のズレ防水の為にされていると思うのですが、

瓦材他の寿命が近くなってくると、逆に雨漏りの原因になりかねない場合がありますので、

注意が必要なんです。(*ノωノ)

 



写真の撮り方が、下手くそで、スミマセン。(上の2枚は、ほとんど同じ角度からの写真で…)

ちなみに、上のお宅は、立派な7段ノシ瓦積み。昔は、ノシ瓦を何段積むかで、その家の豪華さを

表現していたみたいです。今では、屋根材の多様化や耐震の観点から、軽量瓦を選ぶ場合が多く、

上の写真のような屋根の葺き方は、少なくなってしまいましたが…。

とりあえず、原因らしい箇所がわかったので、至急、雨漏りの補修に、向かいたいと思います。

今年は、特に雨、台風が多い?みたいですし、一度、屋根の点検をなさってみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━