おはようございます。今日は、久しぶりの良い天気。

でも、朝は、結構、冷え込みましたね。

早いもので、10月も今日で、終わり…。

今年も、あと2ケ月か~。

やり残したことが、いっぱいだ~。(・´з`・)



和泉市の屋根、水回りリフォームの正住です。

先日の台風で、雨漏りしたとの電話があり、現場調査へ…。

屋根瓦材は、以前に葺き替えしたらしく、比較的まだ新しかったです。

屋根材自体は、なんともないのですが、本宅部分と後から増築された取合い部分の周辺から、

雨漏りがするとのことで、屋根の上へ…。(^0_0^)



どうも、屋根と屋根の谷部分(V字部分)周辺の雨仕舞が、あやしそうです。

基本的に、大雨時に、葉っぱなどが詰まって水の流れが悪くなると、雨漏れが発生しやくなるので、

部屋の真上に、上記のような谷部分を作るのは、避けたほうが良いと思います。

普通の雨では、なんともなくても、台風などの強風時には、どこから雨が吹き込んでくるかわかりませんから。



屋根の裏側、軒裏部分…。

普段は、大丈夫でしょうが、強風時には、まともに雨を受けてしまいます。

このような箇所は、雨仕舞が難しく、下の箇所だけ、板金などで雨仕舞をキッチリしていても、

上部の棟廻りから水が伝ってきて、板金の裏側に水が回ると、やはり雨漏れしてしまいます。

さらに、板金で雨仕舞をするとで、逆に水を受けてしまって、水の逃げ道が出来ていないと、

そこに水が溜まって、雨漏れしてしまう可能性もあります。

少量の水であれば、屋根裏などの木材が水を吸収してくれるんですが、

やはり、台風などの大雨時に想定外の雨が入ってくると、雨漏れてしまいます。(-。-)y-゜゜゜



台風は、日常的なものではないとは言え、やはり、雨漏りは、絶対に防がないといけないでしょう。

屋根裏など、普段は、目にしないところだけに、定期的に、雨漏れの点検をおススメします。

大事な家を傷めないように、そして、いつまでもキレイを長持ちさせるために…

屋根のことで、少しでも気になるところがありましたら、一度、ご相談を…(∩´∀`)∩

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━