和泉市の水回りリフォームの正住です。

またしても、雨…。

工事の段取りが、狂ってしまう~。

それにしても、雨が多くないですか? (=_=)



とにかく、雨が降ってくる前に、とりあえずの雨仕舞が完成したので、一安心ですが…。

壁が剥離していたり、下地の木が腐っていたところを、部分的に撤去&補強して、

ラスカットと言う下地合板を張ったところです。

この上に、左官屋さんがモルタルを塗り、同じようなタイルを張って仕上げます。(ΦωΦ)

続いて、内部の工事に移っていきます。

廊下の床をめくって、下地の桟を打っているところです。

T様邸のお宅は、床のレベル(水平)が、かなり悪く、一番高い箇所と一番低い箇所では、

なんと、約9㎝も床の高さが違っていました。

つまり、一番高い箇所から、一番低い箇所に向けて、かなりキツイ傾斜になっていると言うことです。



床のレベルは、水平が基準ですから(傾斜天井と言うのはあっても、傾斜床と言うのは、ありえません)、

床が斜めに傾斜していると、人体の健康状態にも、影響がでてくるかもしれません。

ましてや、10cm使くの傾斜では、立っているだけで、気分が悪くなってしまいます。(゚д゚)!



T様邸のお宅は、もともとの地盤が悪かったり、老朽化していたりと、様々な理由が考えられますが。

やはり、傾斜した床は良くないので、床だけでも、水平になるように、リフォーム工事をしています。

(建物全体の水平及び垂直を直すのは、大規模な工事となり、現実的には、極めて難しいのです。)

床板自体も、きしんだり、たわんだりしていたので、新しく床材を張ることにしています。

下地の桟も新しく補強して、強く、水平の床にします。(^<^)

リフォームで、どのように生まれ変わるか、考えただけでもワクワクしますね!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━