和泉市の水回りリフォームの正住です。

今年は、雨が多く、天気予報を見ていても、

雨マークが付いていて、スッキリした天気が続かないですね。

そんななか、雨漏りしている…お宅に行って来ました。



まず、雨漏りの場所の確認と言う事で、部屋の中から、見させて頂きました。

ラッキーな事に、雨漏りしている箇所周辺に、天井の点検口があり、

雨漏りの箇所が、内部側からすぐに確認できました。

通常では、天井点検口がないケースも多くあり、

また、点検口があっても、位置が遠くて、雨漏り箇所が確認することができない…

などが、よくあるケースなのです。( ^^) _U~~



そして、屋根の上へ。

すると、雨漏り箇所の真上に、これまたわかりやすい瓦の割れが…。

約20年以上前のセメント瓦で、所々、瓦が割れています。

割れている箇所に、コーキング材を詰めた跡があるのですが、

それでも、雨漏りは、止まってないようです。

写真は、雨漏り確認のために、一枚、瓦をめくったところです。

長年、水が入っていたみたいで、屋根瓦を留め付けている下地合板が、

ボロボロに腐っていました。(*”▽”)



下地合板が腐っていると、屋根瓦を十分に留め付けることができず、

大地震の時や、台風時などに、ズレたり、落下したりする可能性があります。

瓦の割れ、ヒビは、雨漏り箇所周辺だけでなく、屋根全体に数ヶ所、見受けられました。



また、屋根のセメント瓦は、表面の塗装が、剥げ剥げになっていて、

セメントの素地が、むき出しになっています。

瓦の防水効果が、劣化してきている可能性があるので、専用の防水塗料を塗布するなど、

防水対策が望まれます。ヽ(^。^)ノ

ちなみに、上記のセメント瓦は、廃盤になっているらしく、現在、メーカーに、

在庫品が、少し残っているだけのようです。

今回は、雨漏り原因がわかりやすかったですが、通常、

雨漏りは、原因がわかりにくい事の方が多く、

知らない間に、少しずつ、雨が入っている場合もありますので、

気になりだしたら、まずは、点検でお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━