和泉市の水回りリフォームの正住です。

本当に雨が多いと、色々な事が起こるみたいで…。

ベランダ廻りの外側の壁なんですが、見事なまでに?、正面の外壁が落下しています。

最近、このような外壁が剥離、落下した…との問い合わせが多いように思われます。

やはり、雨やら台風が多い事が、原因しているのかなと…。

ただ、誰もケガ人が出ていないと言う事が、唯一の救いですかね。”(-“”-)”



しかし、雨が多い中で、このままにしておくわけにもゆかず、早急の対策が必要です。

おそらく、ベランダの防水効果が悪くなってきているために、少しずつ、壁の裏側に水が回り、

下地の桟などが腐ってしまって、外壁が耐え切れずに、落下した模様です。(=゚ω゚)ノ

少しの雨では、ここまでにはならないと思いますので、結構、以前から水が回っていたのかなと…。



ベランダの側面から見た写真です。

ヒビが入っていて、側面の壁も、落下の可能性があります。

そこで、ベランダへ…。



案の定?、ベランダ土間に、水が溜まっています。

防水も所々、薄れてきていて、セメントの素地が見えています。

土間排水も一カ所しかなく、しかも排水パイプの口径が小さくて、葉っぱなどで、すぐに詰まってしまいそうな…。

鉄製の柵も塗装が剥がれて、サビが出ている状態です。

柵の柱足元から、防水の裏側に水が回っている可能性があります。



そして、外壁廻り…。

外壁は、指で触ると白い粉が付き、そろそろ塗替えの時期みたいです。

さらに、軒裏の軒天材が腐って、部分的に剥がれています。

軒天材は、新しいうちは、まだ良いのですが、年数が経ってくると、表面の板などが、腐ってきます。

耐水合板になっていても、やはり、木製なので、いずれ傷んでくるのです。

腐ってきて、強風などで板の破片が、隣の家に飛んでいったり、通行人に当たったりすると大変です。

正面は、雨風や日差しが強いせいか、庇なども劣化が、特に目立ちますね。

見た目だけでなく、事故にも繋がりかねないので、築年数が古いお宅は、

定期的な点検&補修に、気を配りましょう。(●^o^●)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━