和泉市の屋根、水回りリフォームの正住です。

今日は、良い天気~。

今週は、少し寒さが和らぐみたいですが、来週からまた、寒さが厳しくなるみたいで…。

寒くなると、外回りは、堪えますね~。:;(∩´﹏`∩);:



以前に耐震診断をさせて頂いたお客様から依頼があり、

耐震補強を考えているので、一度、相談に乗ってほしいとのこと。

内部の壁補強なども提案させて頂きましたが、やはり?、屋根瓦の重みが建物全体の負担となっているので、

屋根を軽量瓦に葺き替えされてみては、どうでしょうかとの提案をさせて頂きました。

今までに、瓦を葺き替えたことがないとの事でしたので、瓦の劣化なども気になりますし…。

そこで、屋根の点検に行ってきましたっ~。



屋根瓦は、葺いてから30年以上が経っていて、徐々に経年変化が、広がってきています。

特に、1階の屋根の壁際部分は、雨漏れしやすい箇所で、年数が経つとともに、

のし瓦(長方形の平べったい形状の瓦)がハズれてきたり、傾斜が緩くなってきたりします。

のし瓦がハズれると、落下の危険性がありますし、のし瓦の傾斜が緩くなってくると、

雨漏りの原因に繋がる可能性があります。(+o+)

さらに、上の写真で、屋根漆喰(しっくい)のヒビ割れ、欠けなども気になります。

当然、雨風に晒されて、屋根漆喰(地瓦とのし瓦の間にある…白い部分)も傷んできますし、

漆喰が取れて、その裏にある屋根土がむき出しになると、

雨水が建物内部に侵入していくことになります。

怖いですね~、イヤですね~。

屋根漆喰は、定期的に塗り直しする必要があるんですね~。



屋根瓦って、普段、あんまり気に掛けないところなので、見落としがちですが、

雨漏りしてからでは遅いですし、やはり、定期的な点検が必要です。

特に、2階の屋根などは、高所で登れないため、ほとんど見ないですもんね~。

屋根点検のポイント、屋根葺き替えの注意点は、たくさんあるのですが、

ここでは、長くなるので、割愛します~。(●^o^●)

気になる方は、正住へ☎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━