和泉市の外構、水回りリフォームの正住です。

最近、若者の車離れで、自動車が売れないと嘆いている自動車メーカーや、

販売店も多いと聞きますが、それでも、50年前と比べると、劇的に車の数が増えているわけで…。

50年前と言うと、車は、まだまだ、高い買い物で、庶民には、高嶺の花だったかも?

その頃は、車を持っていない家庭も多かったでしょうから、

ガレージがない家と言うのも、珍しくなかったと思います。

現実に、私の住んでいる住宅地(約50年前に街開きしたそうです)では、

ガレージがない、もしくは、後からガレージを作った…、と言う家が、多く見受けられます。

たとえ、ガレージがあったとしても、その頃と今とでは、車の大きさも違いますし、

ガレージの造り方も、大きく違っていたりします。



T様邸のガレージも、その当時の造り方で、大きな鉄製の開き戸があって、

その奥に、ガレージの建物があります。

車を、ガレージに入れる際には、車から一旦降りて、重たい鉄扉を開けて、

さらに、奥のガレージのシャッターを開けてから、再び車に乗り込んで、

ガレージに車を停めます。そして、シャッターを閉めて、またまた鉄扉を閉めて…。

何とも、大変です。雨降りの時などは、ずぶ濡れになってしまいそうな…。



鉄扉は、頑丈で、防犯対策などもバッチリなような気がしますが、長年使っていますと、

扉が重たくなってきたり、錆びてきたりします。そこで…、

毎日の事なので、とにかく、なんとか改善できないものかと、当社に相談があったのでした。

他にも、鉄扉の位置と、ガレージのシャッターの位置が少しズレているために、

車を斜めに入れないといけないとか、また、シャッターの入口に段差があり、駐車する際には、

その段差を乗り越える必要があり、慣れていないと結構大変とか…。



鉄扉の左側には、使っていない部分(雑草が生い茂っている)があり、

もったいないので、その部分もガレージに取り込んだらどうでしょうか…と提案。

事実、普段は、車が1台でも、お客様が来た時とか、子供さんが帰って来た時など、

車を停めるスペースがないので、難儀していたとのことでした。

そんなわけで、鉄扉とその横のブロック塀(白く塗っているブロック)を撤去して、

入口を広くする方向で、見積もりをさせてもらうことになりました。

もちろん、正面には、プライバシーや用心のことも考えて…、

おっと、時間が来ちまった~。

この先は、次回と言うことで。

お楽しみに~(●^o^●)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━