和泉市の耐震、水回りリフォームの正住です。

久しぶりに、耐震診断に行ってきました。

泉州地方に、多くみられるシコロ屋根の本格和風住宅。

昭和49年頃の建物だそうです。

その当時、一般的だった?外壁の仕上げ(腰壁板材+黒漆喰)です。



屋根の瓦もまだイケそうで、鬼瓦や棟廻りのノシ瓦、下り棟など、重厚感たっぷりな建物です。

このような本格和風の住宅は、現在では、減ってしまいましたが、

充分に魅力のある建物のように思います。

ただ、新築で、上のような住宅を建てる場合、竹仕舞をして、土壁を塗って、乾かして…、

それから、板張り&漆喰塗り仕上げなど、とにかく時間が、かかってしまいます。

今でも、ちょっと外れの郊外の方に行くと、土壁の建物が新築されているかもしれませんが、

大阪の住宅地で建てようとするのは、かなり難しいかもしれません。(。´・ω・)?

何故なら、どうしても工事の期間が長くなってしまって、近隣の人にご迷惑をお掛けするかも

しれませんし、何より、職人さんがいないのが、現状です。

今のご時世、少子高齢化で、特に職人不足が、深刻化しています。

色々な職種で、職人さんの数が足らなくなってきているのですが、

特に、大工さん不足が、深刻です。

現在、現役バリバリの大工さんも、十年先、二十年先には、高齢になっていくわけですし、

今後、若い世代が育って来なければ、”大工不足で、家が建てれません…”

なんて事態に、陥るかも…。

住宅メーカー他も、将来を見据えて、次世代の大工育成に力を注いでいるみたいですが、

いやはや、今後、どうなっていくのやら…。



N様邸の外周を見てみると、結構、基礎にヒビが、入っていました。

髪の毛くらいの細かいヒビなら問題ないのですが、上のような大きなヒビなら、

ちょっと問題です。雨水なども、内部に浸透していくでしょうし…。



建物の内部に入って、壁の仕様を見るのに、コンセントプレートを外して、

壁の種類や厚みなどを、確認しているところです。

それによって、耐震性が変わってくるので、詳細にチェック!!



床下や屋根裏にも、潜りましたっ~。(+o+)

本音を言えば、床下や屋根裏は、ホコリまみれで、狭いので這いつくばっていかなければならないし、

虫や爬虫類が、いそうで怖いですし、なにより、この時期、屋根裏は、地獄と思えるような暑さですし…。

でも、正確な調査データ確保のためには、自ら潜って調査をしないと気が済まないタチでして…。

部屋内からでは、決して分かることができないことも、実際に潜入すると、よくわかります。

上の写真でも、土壁が、梁までキッチリと塗られているかどうかで、耐力が変わってくるので、

土壁の状況がわかるようにして、パシャリ!

毎回、耐震診断は、三時間くらいの調査で、泥だらけになって、

終わったら、クタクタになってしまうのですが、人命を預かる大切な仕事として、

私自身、誇りをもって、取り組んでいます。

気になる結果は、またご報告します~( ..)φメモメモ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━