和泉市の水回りリフォーム、マイティホームの正住です。

毎日、寒い日が続きますね~。

確か、今年は、ニュースで暖冬と言っていたような気が…。

本当に、早く、暖かくなってほしいですね~。:;(∩´﹏`∩);:



そんな寒い中、耐震補強リフォームが、工事中であります。

今まで、あまり大きなリフォームを、してこなかったお宅だけに、今回は、

耐震補強を絡めて、リフォーム工事をしております。

昭和56年以前の建物でしたので、耐震診断をして、

その上で、耐震設計そして耐震補強リフォームへと遂行中であります。

市役所の補助金も利用できるので、お施主様の金額的な負担を、少しでも軽減できたかなと思っています。



表面上、キレイに見えている箇所も、実際に壁をめくってみると、思わぬ障害があったりします。

今回は、比較的、大丈夫でしたが、他所の家でひどいところになると、柱や土台などが、

白蟻に食べられていたり、知らない間に、雨漏りがしていて、肝心の柱などを腐ってしまっていたり…。

壁が仕上がっていると、中々、細部まで見ることは、難しいので、

床や壁、天井などをめくってみて、ビックリと言うところが、結構あったりします。

耐震診断では、壁や天井をめくることなく、非破壊で見れるところまでと言う条件がありますが、

それでも、肝心なところは、屋根裏や床下から、確認ができたりします。



ステンレス製の筋交い、コボットと言う名前の金物を取付けしたところ…。

もちろん、肝心の柱が、グラグラなようでは、充分に力が発揮できないので、

先に、柱の下部と上部を、専用の構造金物にて、しっかりと固定しています。



天井をめくると、鉄骨の梁が出てきた…なんてことも。

下地の合板も、釘径&釘種、釘ピッチなどによって、壁の耐力が変わるので、

耐震補強工事をするときは、注意が必要です。

普通にリフォームするだけなら、細い釘を適当な間隔で、合板に留め付けたら良いだけですからね。

耐震補強をする時は、耐震補強工事に精通している会社を、選びましょう!!

耐震補強の補助金が使えるようであれば、ぜひとも、補助金を使った耐震補強リフォームを、

考えてみてはいかがでしょうか?( ^ω^ )

昭和56年以前に建てられた住宅には、補助金を使える権利がありますし、

市役所などの検査もあるので、安心度が増します。

市役所によって、条件などが変わりますので、詳しくは、お住まいの市役所などで、ご確認下さい。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━