和泉市のエクステリアリフォーム、マイティホームの正住です。

5月も、いよいよ、あと一週間…。

“令和の時代が来る…”と盛り上がっていたのが、遠い昔のよう…?

月日の経つのが、早いような、遅いような…。

5月と言えば、新緑の季節?、あちらこちらで、鮮やかな花などが咲いていて、

気候も穏やかで過ごしやすい(ただ、今日は、かなり?暑い…)ので、

何か新しいことを始めるのも、良いかもしれませんね。(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾



そんな過ごしやすい気候の中で、色々とリフォーム工事が、進んでおります。

そのうちの一つ、門扉工事、完成致しました。

両サイドに立派な大谷石の門柱が、並び立つ、門廻り…。

開口部が広かったので、扉が3枚のタイプ。

正面から見て、左側が片開き、右側の2枚が折れ戸になります。

通常の人の出入りは、片開きからで、大きな荷物を運ぶ際などは、

2枚折れ戸も開け放つと、かなり大きな開口部となります。

車もそのまま乗り入れできそうな…。(*^。^*)



他にも、色々な箇所を、リフォームさせて頂きました。

銅板の雨樋が、破損していたので、交換させて頂きました~。

銅板の雨樋は、銅色から年数が経つにつれ、緑青(ろくしょう)色になって、味が出てくるのですが、

酸性雨などで、穴が開いてきたりします。

現在は、塩化ビニール製の雨樋が主流ですかね~。

銅板の雨樋は、上記の理由の他に、値段が高額、種類が少ない、工事の手間がかかるなど、

様々な理由で、敬遠されがちです。

また、最近の多くの新築住宅に、銅板雨樋は、マッチしにくい?と言うのも、あるでしょうか。

以上の理由などにより、今回は、塩化ビニール製の雨樋とステンレス製の雨樋金具を採用っ~。

純和風の建物にも、マッチする仕上がりとなりましたよ~(V)o¥o(V)



何はともあれ、新しい時代になって、材料も工法もどんどん進化していくと思われますが、

私個人的には、古き良き時代の建物も、上手に残していってほしいと思いますけどね~。

昔の住宅には、現在の住宅にはない、良い部分もたくさんあるのだから…٩( ”ω” )و

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━