建物内部と違い、外部のベランダは、どうしても忘れられがちですが、

年数が経って来ると、メンテナンスが必要です。

特に、ベランダの真下に部屋がある場合、防水効果が薄れていると、

雨漏れしてきますので、定期的なメンテナンスが必要です。

下の写真は、ベランダの排水が詰まっていて、土間の勾配も緩くて、

水が溜まっている状態。さらに、土間の防水自体も悪いため、水が内部に

回っている可能性があります。



そこで、ベランダの土間に水が溜まらないように、コンクリートで勾配下地を作り、その上に

塗膜防水を工事しました(下の写真) 防水材料は、多種多様にあり、ホームセンターなどでも

購入できるウレタン防水が比較的安価で一般的です。しかし、将来の事も考えて、ここでは、

耐久性に優れ、有機溶剤を一切使用していない水性塗膜防水を採用しています。

水性塗膜防水(リボールマイティ防水)は、水性のため、臭いの問題などがなく、

弾力性能も非常に高いので、下地の亀裂や破損に影響を受けにくいのです。

水が内部に回らないように、アルミサッシの下部など、防水を30㎝くらい立ち上げるのもポイント。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━