和泉市の屋根リフォームの正住です。

今日は、屋根瓦について…です。

ひとえに屋根瓦って言っても、種類がたくさんあります。

一般的には、昔からよくある和瓦(土葺き和瓦)ですかね。(下の写真)



でも、和瓦って、阪神淡路大震災の時に、大きな被害が多発して、それ以降、人気が低迷しています。

在来木造住宅で、屋根が和瓦の場合、上部の方がどうしても重たくなるので、地震が起こったときには、

大きく揺れて、建物の倒壊の可能性が高まります。

特に、昭和56年6月以前に建てられた在来木造住宅は、耐震性のある壁の数が少ないため、

大地震時には、2階などの上部が、1階の部屋などを押しつぶして、倒壊に至る場合があります。

1階にある寝室で寝ている時に、大地震が起こって、壁などが崩れ、生き埋めにでもなったとしたら…

考えるだけでも、ゾッとしますね~。((+_+))

そこで、開発されたのが、和瓦の形にそっくりな、KMEW ルーガと言う商品です。



ルーガの特徴は、

1、軽くて地震に強い(屋根が軽いほど、耐震性が良いのですが、ルーガは、和瓦の半分以下の軽さ)

2、雨風にも強い(高い防水対策を施した形状設計、対角2点の釘留め施工で、台風などにも強い。)

3、色あせしにくい(紫外線に強く、色あせしにくいトップコートの採用で、鮮やかな色、光沢が長持ち。)

4、衝撃に強い(突発的な強い衝撃を受けても、割れ、欠けなどがしにくく、上からの荷重に対しても◎)

5、火災にも強い(火災が起きても、隣家などへの延焼の被害を抑えられます。)

6、断熱性が高い(素材内に設けられた無数の気泡や、施工後に生まれる瓦下空間により優れた断熱効果)

などなど、長所がいっぱいです。

なにより、建物の外観を損なわずに、キレイにそして、耐震性が上がるというのが、うれしいですね。

あと、耐久性にも優れているので、長期でみた場合、家計にもやさしい商品です。



リフォームを考える場合、屋根って、後回しにされる可能性がありますが、

屋根瓦にも寿命がありますし、雨漏れの心配も付きまとうので、

一度、ご自宅の屋根を、点検されてみては、いかがでしょうか。

もちろん、屋根瓦に直接上がるのは、とっても危ないので、

点検の際には、正住にお声がけください。(#^.^#)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━