和泉市の水回りリフォームの正住です。

みなさん、突然ですが、収納に困っていませんか。

片づけても、片づけても、モノって増えてくるんですよね~。

最近では、断捨離などと言われていますが、思い出の詰まった物など、

なかなか捨てられない…とお困りの方も多いのでは?

H様も、モノが溢れてお困りのご様子。

そこで、和室にクローゼットを新設することに…。



と言っても、8帖の和室には、すでに、間口1間半(約2M70㎝)のクローゼットがあり、

大きな窓や、リビングと続き間となる引違い建具などもあり、

新たにクローゼットを取付けする場所が、限られています。

間口半間(約90㎝)のクローゼットでは、容量的に少ないとの事から、

最低、間口1間(1M80㎝)のクローゼットが欲しいとのご要望でした。

頭を悩ましましたが、お客様から、西側の窓は、あまり使っていないので、

半分潰しても良いとのことでした。

窓を半分塞ぐと、暗くなるのでは?と思いましたが、もともと西側の窓は、テラスに囲われていて、

光や風が軽減されていますし、南側に大きな窓もあるので、そんなに暗くならないのかなと。

そうとは言っても、フラットな建具では、圧迫される感じがあるので、

半透明な建具で、見た目的にも緩和される建具を選びました。

それが、こちら。(*‘ω‘ *)





半透明の樹脂パネルを組み込んだ建具、LIXIL ウッディライン 可動間仕切建具。                           こちらの商品は、クローゼット用の建具と言う事ではなく、部屋と部屋を繋ぐ間仕切り建具用です。

半透明なので、柔らかな光が入ってきますし、洗練されたデザインで和室にもマッチします。

あえて、この建具をクローゼットに流用して、取付けをしようと思います。

そして、畳…。( ◠‿◠ )

年数が経っているので、新しく変えることになりましたが、どうせやるなら、

今、流行りの半畳タイプの琉球畳にしたいとのことでした。

琉球畳は、縁がなく、スッキリしたデザインで、和洋どちらにも相性が良く、

モダンな雰囲気を醸し出せるため、人気の畳です。

しかし、本来の琉球畳は、通常のイグサとは別の種類で、湿気に強く速乾性に優れ、

丈夫で長持ちと言う利点がある反面、肌触りなどが少し荒かったり、

値段面でも高額になったりします。

そのため、通常のイグサで、縁なしに織った半畳用の畳を、琉球風畳と言っていますが、

肌触りの面や金額面などでもコチラをおススメします。



日本の住生活になくてはならない畳…。(*´з`)

現在では、和室が一切ない住宅も珍しくないのですが、やはり、日本人として、

畳の利点を今一度、考えてみては、いかがでしょうか。

何と言っても、畳に寝っ転がるのは、気持ち良いですもんね~。

畳の新調や表替え、襖や障子の張替など、ご用命は、正住へ。

もちろん、1枚からでも、OKですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━