施工事例

貝塚市 D邸 門扉工事他

和泉市のエクステリアリフォーム、マイティホームの正住です。

5月も、いよいよ、あと一週間…。

“令和の時代が来る…”と盛り上がっていたのが、遠い昔のよう…?

月日の経つのが、早いような、遅いような…。

5月と言えば、新緑の季節?、あちらこちらで、鮮やかな花などが咲いていて、

気候も穏やかで過ごしやすい(ただ、今日は、かなり?暑い…)ので、

何か新しいことを始めるのも、良いかもしれませんね。(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾



そんな過ごしやすい気候の中で、色々とリフォーム工事が、進んでおります。

そのうちの一つ、門扉工事、完成致しました。

両サイドに立派な大谷石の門柱が、並び立つ、門廻り…。

開口部が広かったので、扉が3枚のタイプ。

正面から見て、左側が片開き、右側の2枚が折れ戸になります。

通常の人の出入りは、片開きからで、大きな荷物を運ぶ際などは、

2枚折れ戸も開け放つと、かなり大きな開口部となります。

車もそのまま乗り入れできそうな…。(*^。^*)



他にも、色々な箇所を、リフォームさせて頂きました。

銅板の雨樋が、破損していたので、交換させて頂きました~。

銅板の雨樋は、銅色から年数が経つにつれ、緑青(ろくしょう)色になって、味が出てくるのですが、

酸性雨などで、穴が開いてきたりします。

現在は、塩化ビニール製の雨樋が主流ですかね~。

銅板の雨樋は、上記の理由の他に、値段が高額、種類が少ない、工事の手間がかかるなど、

様々な理由で、敬遠されがちです。

また、最近の多くの新築住宅に、銅板雨樋は、マッチしにくい?と言うのも、あるでしょうか。

以上の理由などにより、今回は、塩化ビニール製の雨樋とステンレス製の雨樋金具を採用っ~。

純和風の建物にも、マッチする仕上がりとなりましたよ~(V)o¥o(V)



何はともあれ、新しい時代になって、材料も工法もどんどん進化していくと思われますが、

私個人的には、古き良き時代の建物も、上手に残していってほしいと思いますけどね~。

昔の住宅には、現在の住宅にはない、良い部分もたくさんあるのだから…٩( ”ω” )و


松原市 E邸 耐震補強 工事中

和泉市の耐震リフォーム、マイティホームの正住です。

5月だと言うのに、暑い…。

事務所の温度計は、30℃になっているし…。

もう夏が来たみたい…。いや、夏の前にイヤな梅雨があるんだったっ~。

沖縄地方では、もう梅雨入りしているみたいだし、関西も、もう少しで梅雨入り?

しかも、今年は、梅雨が長くなりそうな…。(‘Д’)



令和の世になって、もう少しで一ヶ月が過ぎようとしています。

少しずつ、令和に慣れてきましたが、まだ平成と言ってしまうことも…。

なんだかんだと言って、令和元年もあっという間に過ぎていくんだろうなぁ。



現在、M様邸の耐震補強、順調に工事が進んでおります。

色々な補強方法がある中で、今回は、内部からの補強を選択…。

内壁解体中は、ホコリや騒音などで、お客様や近隣の方々に、大変ご迷惑をおかけ致しましたが、

何とか工事が進んでおります。

これから、まだまだ工事の騒音などでご迷惑をお掛けするかとは思いますが、

配慮して工事を進めて参りますので、ご協力をよろしくお願いいたします。(●´ω`●)



写真は、内壁のタイルなどををめくったところです。

柱の足元などが腐っていたため、柱補強してから、構造用金物や耐震壁を取付けていきます。

表面上は、キレイに見えていても、長年の湿気等で、柱や土台なども傷んでくるんです。

壁や天井を張ってしまうと、傷み具合がわからなくなるので、問題のありそうな箇所は、

きっちりと補修&補強することが大切なんですね~。(;^ω^)

長年、慣れ親しんでいたトイレや洗面所が、リフォームで、どのように変わるか楽しみですね~。


松原市 T邸 ベランダ手摺

和泉市のエクステリア、マイティホームの正住です。

長かったゴールデンウィークも終わり、通常業務に戻ったものの、

なかなか休みボケから抜け出せていないと言う方もいるのではないでしょうか。

今年のゴールデンウィークは、長かった?10連休…。

前半は、スッキリしない天気が多かったと思うのですが、

後半から、良い天気に恵まれましたね。

でも、昨日は、朝方と日中の寒暖差が激しかったし、最近の天候はよくわからないですね:;(∩´﹏`∩);:



昨年の台風被害の影響で、長い間待ってもらっていたT様邸のベランダの手摺工事、

無事に完成致しました。

元々は、ベランダの土間から立ち上がり部まで防水を塗布されていたのですが、

年数が経って、徐々に防水塗料の性能が、落ちてきていました。

そのため、防水の切れた箇所などから、床や壁の内側に雨水などが回り、

下の階に漏れているような状況でした。



あいにく、ベランダの下の階は、ガレージになっていたので、被害はマシだったような気がします。

これが部屋だったら、天井も張られているので、雨水が侵入していても、

わかりにくかったかもしれませんね。

ベランダの天端部分も塗料が切れかけていましたし、

ベランダ手摺の柱は、鉄製で足元が錆びなどで、穴が開いており、

そこから、雨水が入れば、防水の裏側に水が回り、雨漏れの原因になるので、

天端部分を、アルミ製の笠木と言う部品で、すっぽりと覆うことにしました。



そのアルミ笠木に、アルミ製の柵(手摺)を取付することで、

将来、腐りなどの心配がいらない、そして、塗装などのメンテナンスもほぼ必要ない…

ものになりました。

ひと昔前は、柵と言えば、鉄製が主流(その当時は、アルミ製品が高額だった?)で、

住宅の外装箇所には、鉄製商品(窓面格子、門扉、フェンスなど)が、

使用されていたことが多かったと思いますが、

鉄製の商品は、定期的なメンテナンスが必要です。

ただ、メンテナンスと言っても、周辺がペンキなどで汚れないように養生したり、錆止めを塗って、

そこから下塗り&上塗りをしたりして…と、結構大変。(+o+)

その点、アルミ製なら、ほぼメンテナンスフリーで、キレイが長持ちします。



キレイになったアルミ製のベランダ柵。

美観がよくなったのと同時に、安全面でも安心な柵になりました。

塗装などのメンテナンスに悩まされている方、一度、ご相談下さい(●´ω`●)


堺市 某店舗 リフォーム工事

和泉市の台所リフォーム、マイティホームの正住です。

春、新しい岐路の選択に迫られ、動き始めた新生活も、一ヶ月近く経って、

徐々に疲れが溜まってくるこの季節…。

もう少しで、ゴールデンウィークなので、少しリフレッシュできれば良いですね…。(。´・ω・)?



堺市にある某店舗で、リフォーム工事中です。

とりあえず、前店舗の間仕切り壁などを解体しました。

何にもなくなると、スッキリとした印象…。

もともと事務所兼店舗(非飲食系)なので、壁や天井など、キレイなものです。

駅前にある店舗なので、たくさんの人の目に留まりそう!?



床や間仕切り壁などを撤去して、剝き出しにした状態…。

ここから、どのように変わるか楽しみですね~。((((oノ´3`)ノ


富田林市 N邸 耐震工事 完成

和泉市の水回りリフォーム、マイティホームの正住です。

今日は、とっても良い天気でしたね~。

2月も、もう終わりと言うことで、いよいよ春到来って感じですね~。

3月の初旬は、まだ少し寒いでしょうけど、なんとなくワクワクしますよね~。



工事中だった木造住宅の耐震補強工事、完成致しまたっ~。

耐震補強+リフォーム工事と言うことで、

工事期間が、長くなりましたが、無事に終了致しましたよ。

耐震補強の箇所は、ビニールクロスなどで仕上げると、

全くわかりませんが、耐震補強と同時にリフォーム…と言うことで、

効率的に工事をすることができました。(^_-)-☆



リフォームをして、新たに、リビングに生まれ変わりました。

収納が少なかったので、クローゼット収納を、新しく造りました。

床を、廊下の高さと合わせるように、床を嵩上げしたので、少し天井が、低くなりましたが…。

それでも、2M35㎝くらいあるので、そんなに圧迫感は、ないと思われます。

(住宅の部屋の天井高さは、一般では、2M40㎝くらい…)

天井が段になっているところは、構造体の大きな梁があって、それより上部に天井が上げれなかったので、

あえて段落ち天井にして、デザイン的にもアクセントになるように配慮しました。



一般的に、年数が経っている家は、建築当時の図面がない…ということが、よくあるかとと思われます。

どこかに、しまい込んでわからなくなってしまった…、

中古物件として不動屋さんから購入したが、ちゃんとした図面をもらっていない、

建築年が古すぎて、そもそも図面があったのかどうかわからない…など。

図面がないと、リフォームするときなどに困るわけですが、

図面がなくても、現場調査で、大体のことは、わかります。

しかし、隠れている箇所などは、わからないので、床、壁や天井をめくってみて、ビックリなんてことも…。

そうなると、追加工事が発生して、思わぬ費用負担があるかもしれません…。

そうならないためには、リフォーム&リノベーションをする際に、事前調査をしっかりと行ない、

事前の説明を受けて、充分に納得した上で、工事を依頼するようにしましょう。

特に、耐震補強工事は、仕上がると、目に見えないところが多いので、

実績のある工事店を選びたいものですよね (;^ω^)


大阪狭山市 O邸 カーポート工事他

和泉市の水回りリフォーム、マイティホームの正住です。

早いもので、2月も早や中旬、今日は、少し肌寒いのですが、

来週の前半は、少し寒さがマシになるとか…。

このまま、一気に、春になってほしいところですね…。

ところで、昨年、9月4日に発生した台風被害…。

当社でも、多数のお問合せがありましたが、

なかなか復旧工事が進んでいないのが、実情です。





今回の台風被害では、屋根の瓦(特に一番高い箇所である棟瓦)や雨樋の被害、

カーポートやアルミテラスなどのエクステリア部品などが、

多数、被害に合っているように思われます。

当社としても、一日でも早く、復旧したいと切に願っているのですが、

何と言っても、工事をする職人さんの絶対数が少ないので、

当社としても、もどかしい気持ちでいっぱいです。

街なかを見ても、まだまだ、あちらこちらで、ブルーシートが掛かっていますので、

完全復旧には、だいぶ時間がかかるかもしれませんね。

そんな中でも、復旧できるところは、少しずつではありますが、

復旧工事を進めさせて頂いております。



カーポートの屋根材が、台風で飛ばされて破損したり、屈折していたり…、

なんてお宅も、多かったのでないでしょうか?

屋根材も品薄で入ってこなかったりで、なかなか工事ができませんでしたが、

O様邸、このたび、なんとか、復旧ができました。( ^ω^ )

2階ベランダの屋根材も、被害にあったのですが、

こちらは、骨組みが完全に曲がって折れてしまっていたので、

新しく、ベランダ屋根の取替をさせていただきました。

現在、当社で工事依頼をされている皆様へ、

順番に工事のご案内をさせて頂いておりますので、もうしばらくお待ちください。

なお、被害の状況や危険度、緊急性などで、工事の順番が変わる場合がありますが、

何卒、ご了承のほど、よろしくお願い致します。(=_=)

皆様のご期待に、一日でも早く、応えられるように、

全力で対応させて頂きますので、今後とも、よろしくお願い致します。

 


富田林市 N邸 耐震補強 工事中①

和泉市の水回りリフォーム、マイティホームの正住です。

毎日、寒い日が続きますね~。

確か、今年は、ニュースで暖冬と言っていたような気が…。

本当に、早く、暖かくなってほしいですね~。:;(∩´﹏`∩);:



そんな寒い中、耐震補強リフォームが、工事中であります。

今まで、あまり大きなリフォームを、してこなかったお宅だけに、今回は、

耐震補強を絡めて、リフォーム工事をしております。

昭和56年以前の建物でしたので、耐震診断をして、

その上で、耐震設計そして耐震補強リフォームへと遂行中であります。

市役所の補助金も利用できるので、お施主様の金額的な負担を、少しでも軽減できたかなと思っています。



表面上、キレイに見えている箇所も、実際に壁をめくってみると、思わぬ障害があったりします。

今回は、比較的、大丈夫でしたが、他所の家でひどいところになると、柱や土台などが、

白蟻に食べられていたり、知らない間に、雨漏りがしていて、肝心の柱などを腐ってしまっていたり…。

壁が仕上がっていると、中々、細部まで見ることは、難しいので、

床や壁、天井などをめくってみて、ビックリと言うところが、結構あったりします。

耐震診断では、壁や天井をめくることなく、非破壊で見れるところまでと言う条件がありますが、

それでも、肝心なところは、屋根裏や床下から、確認ができたりします。



ステンレス製の筋交い、コボットと言う名前の金物を取付けしたところ…。

もちろん、肝心の柱が、グラグラなようでは、充分に力が発揮できないので、

先に、柱の下部と上部を、専用の構造金物にて、しっかりと固定しています。



天井をめくると、鉄骨の梁が出てきた…なんてことも。

下地の合板も、釘径&釘種、釘ピッチなどによって、壁の耐力が変わるので、

耐震補強工事をするときは、注意が必要です。

普通にリフォームするだけなら、細い釘を適当な間隔で、合板に留め付けたら良いだけですからね。

耐震補強をする時は、耐震補強工事に精通している会社を、選びましょう!!

耐震補強の補助金が使えるようであれば、ぜひとも、補助金を使った耐震補強リフォームを、

考えてみてはいかがでしょうか?( ^ω^ )

昭和56年以前に建てられた住宅には、補助金を使える権利がありますし、

市役所などの検査もあるので、安心度が増します。

市役所によって、条件などが変わりますので、詳しくは、お住まいの市役所などで、ご確認下さい。

 


堺市 S邸 リフォーム工事  

和泉市の水回りリフォーム、マイティホームの正住です。

耐震補強工事、実施中です。

耐震診断をして、現状の建物の危険度を確認してから、

弱い箇所を、部分的に耐震補強しております。



ステンレスブレース金物で、柱間にしっかりと留め付けしております。

補強壁を、計画的に数ヶ所配置することで、建物全体の強度が上がります。



下は、柱と土台(基礎の上に敷く約10㎝の木製の角材)に、上は、柱と梁(建物を支えている、主要構造部)に、

きっちりと、金物を留め付けていきます。

大地震事に、壁の強度が弱くて、持ちこたえられずに、倒壊&半壊などが起こらないように、

しっかりと耐震補強をしていきましょう。

お住まいの耐震性などが、気になる方は、ご相談下さい。



写真は、過去の震災で、1階部分の強度が弱く、倒壊してしまった例です。

(上記写真は、イメージです。本文とは、全く関係ありません。)


和泉市 F邸 耐震診断

和泉市の耐震、水回りリフォームの正住です。

最近のニュースでは、猛暑日なので熱中症対策には、お気を付け下さい…などのニュースが多くて、

もはや、忘れてしまわれた感がありますが、大阪北部地震の事を、ニュースで取り上げられることが、

減っているように思われます。

地震が終わって、まだ2か月、まだまだ復興が進んでいないと言うのに…。



今年は、記録的豪雨やら大きな台風もありましたから、日本各地で甚大な被害が起こっています。

やはり、自分の身は、自分で守らないといけないと言うことでしょうか。

そうとは言っても、被害に合われた方や、避難生活を余儀なくされている方が、

まだたくさんおられると言う事を、忘れてはいけないと思います。

自宅に帰りたくても、帰れない…。本当、つらいですよね。



自然災害は、いつ来るかわかりませんが、災害に対して、事前準備ができるとものがあるとするなら、

やはり、準備を進めておくべきなのではないでしょうか。

大地震の直後は、非常食や生活用水など準備確認していても、時間とともにその意識が薄れ、

災害時には、困ったことになる可能性も…。



まずは、人命を守る事が第一ですから、住み慣れた我が家が、大地震時に、凶器となって襲ってこないように、

ご自宅の耐震性を高めることも、大事だと思われます。

今後、日本各地で起こる可能性が高い…大地震。

まずは、ご自宅の耐震診断をして、安全性を確認しましょう。



阪神淡路大震災の時には、昭和56年6月以前の建物は、倒壊した確率が高かったと言われています。

2階建て木造住宅の場合、上記のような引き抜き金物(ホールダウン金物)が、入っていなかったために、

肝心な柱が抜け落ちてしまい、建物倒壊に至ったケースが多いと聞きます。

柱を支えるように斜めに入れる筋交いも、釘打ちだけで、充分な力を発揮できなかった可能性もあります。

現在では、ホールダウン金物や筋交いプレート金物などの構造金物は、義務付けになっていまして、

工法によっても変わりますが、構造金物あるいは、それに代わる強度のある金物を取付しないと、

家が建てれないのです。

ちなみに、構造金物が義務付けになったのは、2000年頃のことで、昭和56年(1981年)から

1999年頃に建った建物は、構造金物が入っているか微妙なところです。

施工会社によって、変わりますので…。

我が家の耐震性など、気になる方は、正住まで。


堺市 T邸 外構工事 完成

和泉市の外構、水回りリフォームの正住です。

毎日、暑い日が続くので、疲れが溜まってくるこの時期、

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

先週は、花火大会があったり、日曜日からは、高校野球も始まって、

イベント続きで、本当、クタクタですね~。



そんな暑い中、職人さんが、大変、頑張ってくれたおかげで、

工事が、無事に完成致しましたっ。

堂々のガレージが、完成したのでした。(´へωへ`*)

上吊りタイプのハンガーゲートなので、開閉がとってもスムーズ。(手動タイプ)

急なお客様や、お盆やお正月など、ご家族の方が帰ってきても大丈夫なように、

駐車できるスペースを、もう1台分確保出来たので、ゆとりあるガレージになりました。



セミオーダータイプなので、規格の寸法は、決まっていましたが、

境界のブロックから既存の塀まで、ピッタリと納まるように配置。

中途半端に無駄なスペースが出来ないように、配慮致しました。



さらに、門柱廻りも、堂々たる感じに仕上がりましたよ。

年数が経って、ポロポロと欠片が落ちていた大谷石の門柱は、

化粧リブブロックに生まれ変わりました。

鉄筋も等間隔で入れているので、これで一安心ですね。

鉄製の門扉は、使い勝手の良いアルミ製門扉に…。



ハンガーゲートと色を合わせることで、一体感のある塀廻りとなりました。

表札、門灯、ポストなども新しく提案させて頂きました。

特に、ポストは、大きな郵便物が増えているため、大容量タイプのモノに。

外からは、投入口だけしか見えないのですが、内側に回ると取り出ししやすい大型ポストが…。

土間も含め、キレイに生まれ変わった門廻りなのでした。ヾ(≧▽≦)ノ

塀廻りが気になる方は、お気軽にお問い合わせください。


1 / 1112345...10...最後 »

▲TOPへ