施工事例

大阪狭山市 U邸 台所工事

現在、台所改装工事中です。

台所の壁や天井も経年変化により、変色してきたりしていたので、

新しくビニールクロスを貼るように、ご提案しました。

壁材及び天井材は、そのままでは、クロスの密着性が悪くて、剥がれてきたりするので、

既存の上に、下地板を重ね張りしているところです。

流し前を解体したところです。

新しくシステムキッチンを入れる予定です。

台所は、システムキッチンを始め、ほぼ全面新しくなるので、

今から仕上がりがたのしみです。(^^♪


大阪狭山市 S邸 浴室工事 

現在から約30年前くらいの浴室です。

その当時の、一般的な工事の仕方です。

洗い場土間はタイル、壁面には、床から天井までの一面タイル張り、

天井には、バスリブと言う樹脂製の天井材が使われていました。

 



洗い場の土間から浴槽に入る高さが、中途半端な高さで、危険を伴います。

さらに、脱衣場から、浴室に入る段差も気になります。

少しの段差でも、つまずいたり、すべったりするので、注意が必要です。

浴室入口の引違い建具も、アルミサッシにガラスが組み込まれており、

開閉が重たく、転倒時などは、ガラスが破損する危険性もあります。

 



現在、見積中ですが、お客様には、システムバスをご提案しています。

床、壁などお手入れしやすい素材のものを使用していますし、断熱にも優れているので、

暖かく清潔な浴室空間になります。

さらに、入口の段差は、ほぼなく、また浴槽の出入りもまたぎやすい高さになっていて、

安全性には、得に気を使っています。

お風呂は、一日の疲れをとる場所として、快適な空間でありたいものですよね。

システムバスも多種多様ありますので、気になる方は、ぜひ当社まで。


堺市 Y邸 物置書庫工事

あけましておめでとうございます。

本年も、変わらず、ご愛顧のほどよろしくお願い致します。

さて、昨年末に工事をしていた物置書庫工事が、完成致しました。

両サイドは、部屋としてでも使用できる物置書庫(イナバ製)です。

中央(1段上がっている部分)の部分は、木造で大工さんで下地を造り、

屋根及び外壁は、ガルバリウム鋼板張りとしています。

手前の竹フェンスは、樹脂製で、元からあった物を、元に戻しています。

樹脂製の竹フェンスは、耐久性に優れ、経年変化による色、艶の変化はありますが、

本物の竹フェンスのように、黒く変色したり、腐ってきたりしません。

 

下の写真は、入口ドア側から見た写真です。

三つの入口ドアは、それぞれ独立した部屋用のものです。

入口上部には、エクステリアのテラス屋根を付けています。

通常、水下の方にはアルミ製の柱が建つのですが、

通行の妨げになるので、柱なし仕様のテラス屋根を提案致しました。

出巾(奥行)が、約1M20cmまでなら、柱がなくても大丈夫ですし、

もちろん雨樋も付きます。

 


河内長野市 S邸 トイレリフォーム

トイレの現場調査に行って来ました。

施主様のご要望は、トイレの入口の段差が気になるとの事でしたので、

飛び出している敷居を撤去して、廊下の床とフラットにするように提案しました。

さらに、床をせっかく工事する(床をかさ上げ)のであれば、便器も一回

はずさないといけないので、便器も新しくされたらどうかと提案。

現在のお使いの便器は、結構年数が経っていて、用を足して、一回の

流す水量が、約13L以上必要なのですが、¨最新の便器にすると、

1回の流す水量が、約5L以下くらいになるので、かなり節水になりますよ…”

と提案させて頂きました。



さらに、最新の便器は、お手入れの仕方も工夫がされており、

汚れが付きにくい便器、さらに汚れてもサッと一拭き、お掃除が簡単な便器など…

その他、便利な機能がたくさん付いているものなど…

来年の1月、工事予定です。


堺市 Y邸 物置書庫工事

物置の工事が、完成しました。

物置と言っても、普通の物置でなく、部屋としても使用できるタイプの物です。

床や壁には、断熱材を、天井には、結露軽減材を使用する事により、

ちょっとした部屋になります。

 



 

写真は、間口1880mm*奥行3620mm(約4帖)ですが、サイズのバリエーションは、

他にも、たくさんあります。

もう少し、大きいタイプだと、部屋としても十分使えますね。

 



外回りは、まだ工事中ですが、あと中央の板張り部分を、仕上げれば完成です。

ちなみに、板張り部分には、ガリバリウム鋼板と言う錆びにくく、耐久性のある金属板を

張って仕上げる予定です。

年末には、仕上がる予定ですので、乞うご期待。


和泉市 S邸 耐震診断

和泉市で、耐震診断に行って来ました。

耐震診断は、診断員2人で、約2~3時間かけて、

建物を隅々まで、調査致します。

その際、建築図面などがあればいいのですが、図面がなくても

大丈夫です。昔の建物になるにつれ、図面が残っているケースが少ない

ですので、その場合は、一から実測致しますので、ご安心ください。

img_0725

写真は、外壁にひび割れがあり、剥離している状態。

雨水が内部に侵入して、肝心な柱などを腐らせてしまう恐れがあります。

 

昭和56年以前の建物は、市役所の補助金が利用できる場合があります。

通常、耐震診断には、5万円かかるのですが、そのうち、市役所から4万5千円の

補助がありますので、ご自身の負担としては、5千円で済みます。

面倒な市役所への申請も、当社で代行致しますので、お気軽に

ご相談下さい。

 

img_0797

 

耐震診断では、屋根裏や床下の調査も含まれています。

上の写真は、屋根裏に潜った時に、雨漏れの箇所を発見した写真です。

 


大阪狭山市 U邸 台所工事

台所が狭く、流し台と家具の間も狭くて、非常に使いずらいので、

何とかしたいとの要望がありました。

さらには、収納も少なく、調理器具などの収納に困っていますとの

意見もあり、台所全体のリフォームを提案させて頂きました。

流し台も劣化が進み、思い切って、システムキッチンに入れ替えたらどうでしょうかとの

提案もさせて頂きました。

 

img_0663

 

現在、台所のプラン&見積作成中です。

来年、年明けの工事予定です。

どういう風に出来上がるのか、今から楽しみにされています。

 

 

 


河南町 M邸 屋根工事



屋根葺き替え工事中です。

元の屋根は、カラーベスト屋根だったのですが、施工されてから、長い年月が経っていたので、ひび割れなど、劣化が目立ってきていました。そこで、屋根を葺き替える事になったのですが、現在のカラーベストは、昔の物と比べて少し強度が弱くなっていて、割れの心配があるので、割れにくい素材のファイバーグラスシングルの屋根材を選択しました。

耐久性だけでなく、台風や地震にも強いので、新築は、もちろん、リフォームの際にも、お勧めします。


富田林市 U邸 耐震リフォーム工事

現在、耐震補強工事を進行中です。

建物は、木造住宅の2階建て、昭和43年に建てられたお宅です。

耐震診断をして、危険度が高いという判定になったので、

市役所の補助金を利用して、耐震補強リフォームを実施しています。

写真は、既存の壁を補強するために、天井をめくったところです。

この既存の壁に強い耐震パネルという物を張って、耐震性を高めていきます。

土壁なので、施工には、かなり苦労しましたが…。

img_0096


河内長野市 S様邸 耐震リフォーム工事

和泉市の耐震、水回りリフォームの匠、一級建築士事務所 正住です。

今回の工事は、築年数40年ほどの中古物件を購入されたお客様より、耐震診断をしてほしいとの要望があったので、

耐震診断を行い、耐震面で問題面があったため、今回の耐震リフォームを行いました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



上の画像は、既存の壁に、補強桟を打ち付けて、耐震パネルを張って、補強しているところです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



張り付けが終わったところです。

他にも、補強箇所があったのですが、写真を撮り忘れてしまいました。。。

家全体の補強だったため、工事期間は、約1か月です。


10 / 11« 先頭...7891011

▲TOPへ