施工事例

堺市 Y邸 雨漏り 現調

和泉市の水回りリフォームの正住です。

先日の台風の影響で、雨漏りが多数、発生しております。

Y様邸は、鉄筋コンクリート造のおうち。

壁を伝って、内部に雨水が侵入してきました。

そこで、調査に向かったのですが、これがなかなか…。( *´艸`)



雨が伝ってきた箇所の外部(正面から見て左側面の外壁)を見ても、とくに雨が入りそうな箇所は、ないのです。

外壁にクラック(ヒビ)が入っているわけでもなく、雨が侵入しそうな穴が開いているわけでもなく…。

2階から3階へと向かう階段室の壁に雨漏りしてきているので、考えられる原因としては、

雨漏り箇所よりも上部という事になります。

そこで、屋上にも上がってみました。(゜_゜>)



屋上は、14年くらい前に、防水工事をさせて頂きました。

表面上は、亀裂などもなく、全体的に、まだキレイです。



しかし、年数が経っているので、立ち上がり部分が、浮いてきています。

とくに、隙間があるわけではないので、すぐに雨漏りなどは、しにくいと思われます。

下地の防水層は、まだ活きているので、表面の防水塗料だけの塗替えでも、良いように思われます。

写真では、わかりにくいのですが、アップで見ると、防水塗料が所々、薄くなってきているので、

防水層を活かすためにも、表面の防水対策は、必要でしょうね~。 (;O;)



今回の雨漏りと因果関係があるかどうかは、わかりませんが、

雨漏りの原因となる可能性の箇所は、今後のこともあるので、

早めに対策をした方が、良いかもしれませんね。

外壁の雨漏り調査のためには、足場が必要になってくるので、

足場を掛ける際には、外壁の塗装工事も、一緒にした方が効率が良いのでは?…と提案。

外壁は、チョーキング現象(指で触って、白い粉が付く…)を起こしているので、そろそろ塗替時期でした。

塗替の際には、将来的に、メンテナンスが少ない塗料を選ぶことが、肝心です。

防水、外壁塗装などで、不安に感じたら、ご相談を ^m^


大阪狭山市 A邸 雨漏り 現調

おはようございます。今日は、久しぶりの良い天気。

でも、朝は、結構、冷え込みましたね。

早いもので、10月も今日で、終わり…。

今年も、あと2ケ月か~。

やり残したことが、いっぱいだ~。(・´з`・)



和泉市の屋根、水回りリフォームの正住です。

先日の台風で、雨漏りしたとの電話があり、現場調査へ…。

屋根瓦材は、以前に葺き替えしたらしく、比較的まだ新しかったです。

屋根材自体は、なんともないのですが、本宅部分と後から増築された取合い部分の周辺から、

雨漏りがするとのことで、屋根の上へ…。(^0_0^)



どうも、屋根と屋根の谷部分(V字部分)周辺の雨仕舞が、あやしそうです。

基本的に、大雨時に、葉っぱなどが詰まって水の流れが悪くなると、雨漏れが発生しやくなるので、

部屋の真上に、上記のような谷部分を作るのは、避けたほうが良いと思います。

普通の雨では、なんともなくても、台風などの強風時には、どこから雨が吹き込んでくるかわかりませんから。



屋根の裏側、軒裏部分…。

普段は、大丈夫でしょうが、強風時には、まともに雨を受けてしまいます。

このような箇所は、雨仕舞が難しく、下の箇所だけ、板金などで雨仕舞をキッチリしていても、

上部の棟廻りから水が伝ってきて、板金の裏側に水が回ると、やはり雨漏れしてしまいます。

さらに、板金で雨仕舞をするとで、逆に水を受けてしまって、水の逃げ道が出来ていないと、

そこに水が溜まって、雨漏れしてしまう可能性もあります。

少量の水であれば、屋根裏などの木材が水を吸収してくれるんですが、

やはり、台風などの大雨時に想定外の雨が入ってくると、雨漏れてしまいます。(-。-)y-゜゜゜



台風は、日常的なものではないとは言え、やはり、雨漏りは、絶対に防がないといけないでしょう。

屋根裏など、普段は、目にしないところだけに、定期的に、雨漏れの点検をおススメします。

大事な家を傷めないように、そして、いつまでもキレイを長持ちさせるために…

屋根のことで、少しでも気になるところがありましたら、一度、ご相談を…(∩´∀`)∩


富田林市 M邸 雨漏り 現調

おはようございます!

和泉市の水回りリフォームの正住です。

昨日は、1日、雨でしたね。

なかなか、好天に恵まれず、今日もどんよりとした天気…。(;一_一)



この間の台風で、雨漏れした家が何件かあり、現調に行って来ました。

そのうちの一つ、築50年、本格和風の立派な…おうち。

普通の雨では、大丈夫らしいのですが、台風などの強風時には、かなり雨が入ってきているような感じです。

天井や壁には、雨漏れシミ跡が付いて黒っぽくなってきており、今回の台風だけでなく、

以前から、雨が入っているみたいです。(`・ω・´)ゞ



実際に、屋根の上に上がると、雨漏り箇所の周辺では、屋根の形が、複雑になっています。

上記のような屋根の形を、入母屋(いりもや)と言いますが、

棟廻りの屋根同士が交錯する部分が、雨漏りしやすい箇所と言えるでしょう。



写真では、わかりにくいのですが、棟に積まれているノシ瓦(平たい瓦材。

通常、棟廻りや壁との取り合い部などに、使われるもの。) と、下り棟の取合い部分周辺が、

雨漏り箇所の上部付近になります。

白く見えているのが、屋根漆喰(シックイ)なのですが、劣化で欠落していて、

屋根土が、一部露出しています。

ノシ瓦とノシ瓦の間に詰めているコーキング材は、瓦のズレ防水の為にされていると思うのですが、

瓦材他の寿命が近くなってくると、逆に雨漏りの原因になりかねない場合がありますので、

注意が必要なんです。(*ノωノ)

 



写真の撮り方が、下手くそで、スミマセン。(上の2枚は、ほとんど同じ角度からの写真で…)

ちなみに、上のお宅は、立派な7段ノシ瓦積み。昔は、ノシ瓦を何段積むかで、その家の豪華さを

表現していたみたいです。今では、屋根材の多様化や耐震の観点から、軽量瓦を選ぶ場合が多く、

上の写真のような屋根の葺き方は、少なくなってしまいましたが…。

とりあえず、原因らしい箇所がわかったので、至急、雨漏りの補修に、向かいたいと思います。

今年は、特に雨、台風が多い?みたいですし、一度、屋根の点検をなさってみてはいかがでしょうか。


大阪狭山市 Y邸 耐震診断

和泉市の耐震、水回りリフォームの正住です。

今日は、良い天気。(^u^)

でも、朝晩は、少し肌寒くなってきましたね。



雨が降る中、耐震診断の調査に行って来ました。

昭和48年の建売住宅で、年数が経って、老朽化している部分もあるのですが、

もともとの施工もあまり良くなかったように思われます。



内部側から、湿気等が回って、外壁が剥離している状態…。

この裏は、浴室なのですが、浴室ってどうしても湿気がこもりがちなので、

何らかの防水対策が必要です。(システムバスに入れ替えるとか…)

このままでは、内部側に水が回りぱっなしで、肝心の土台や柱を、一層、腐朽させてしまいます。



建物をぐるりと一周したのですが、外壁にクラック(ひび)が数ヶ所あったり、上の写真のように、

完全に剥離していたりで…。(・´з`・)

建築当時の施工も良くないみたいで、下地のラス(露出している金網状の物がラスと言い、

左官屋さんが、モルタル(セメント)を壁に塗り付けていけるように、柱などに留め付けていくモノ)が、

うっすら見えている状態で、窓サッシ廻りの防水対策も不完全です。



建物内部に入ってみると、案の定、雨漏りがしていて、(調査当日は、運よく?大粒の雨…(・´з`・))

天井などは、水が回って、完全に腐朽しています。

一回の雨漏りでは、ここまでにならないので、今まで、ずっと雨漏りしていたように思われます。

上の写真は、2階の和室ですが、1階も同じように雨漏りしている箇所が…。



外壁だけでなく、屋根にも問題がありそう…。

屋根は、昔、よく施工していたシングル屋根葺き。(*”ω”*)

年数とともに、経年変化で、屋根材が反ってきていますし、棟廻りの屋根材もめくれているような…。

実際に、屋根の上に上がったわけではないのですが、屋根材も寿命がきている様子…。



 

さらに、ビックリしたのが、屋根と外壁の取合い部の雨仕舞が、完全に出来ていないと言う事。

下から見ただけでハッキリわからないのですが、屋根ルーフィング材みたいな物を、上から

張り下ろしているだけで、下の方は、留め付けていません。(*_*)

これでは、強風の雨降り時には、雨が入り放題?ですし、風があまり強くない時でも、

雨は、上から伝ってきて、建物内部に水が回ってしまいます。

建物の価値を、一気に損ねてしまう、雨漏りによる被害。

耐震診断で調査に行ったのですが、屋根や外壁などの雨漏りの事も、

早急に手を打たなければならないご様子…。

ぜひ、ご検討の方を、お願い致します。

屋根や外壁のことも、正住におまかせあれ…なのでした( ˘ω˘)スヤァ


大阪狭山市 H邸 クローゼット工事 完成

和泉市の水回りリフォームの正住です。

雨ですねぇ。

例年、10月って、こんなに雨が多かったでしたっけ?

週末、台風も来ているみたいで…。

何かおかしい天気が続きますね~。(`・ω・´)ゞ



H邸のクローゼット工事、無事に完成致しました。

半透明のクローゼット建具は、高さがあり、洋服やら小物類やら、たくさん収納できそう。

半透明なので、中に入れているモノが、ぼんやり見えるので、探しているモノが、すぐに見つかりそう?



建具を開けると、こんな感じ…。

上部の棚の下に、ハンガーパイプが2段。

たくさんの服を掛けても大丈夫なように、ステンレス製の太径パイプを取付けました。

外からぼんやり見えるので、クローゼットの内部は、部屋と同等のビニールクロス仕上げとしました。

左側面にチラッと見えている2段のパイプは、ネクタイやスカーフ掛け用です。



クローゼット内部、右側面は、こんな感じ。(・´з`・)

可動式の棚が3段…、好きな位置に簡単に移動することができます。

バッグやちょっとした小物類も置けるように、奥行は、約26㎝もあります。

床に、収納コンテナ置くので、高さは、90㎝のショートタイプですが、1M80㎝のロングタイプもあります。



床は、半畳用のフチなしタイプを、敷設。

スッキリとした印象の畳で、畳の目の違いで、市松模様に見えます。

従来の和室8帖から、モダンな和室に生まれまわりました。

打ち合わせを、何回も繰り返してきたおかげで、お客様も満足そう?

もともと、まだ新しく、キレイだった部屋のため、

どんな感じに仕上がるか不安でしたが、無事に完成してホッとしました。

収納でお困りの方は、ご相談下さい。(--〆)


大阪狭山市 H邸 クローゼット工事 工事中

和泉市の水回りリフォームの正住です。

今日も、朝からどんよりした曇り空。

良い天気が、続かないですね~。(*_*)

現在、収納クローゼット工事を、工事中です。

和室8帖の一角に、巾約1M80㎝のクローゼットを、増設しています。



窓を、半分塞いじゃってますが、これは、お客様も了解済み。

クローゼット内部には、枕棚(床からの高さが、約1M90㎝くらいのところに取付けます)、

その下に、ハンガーパイプを段違いで2段…。(^u^)

さらに、右側面の壁には、小物を置ける…奥行が約25㎝の棚を3段。

置くもののよって、棚の高さを変えられる可動棚です。

そして、左側面の壁には、ネクタイやスカーフ類を掛けられるステンレスパイプを設置。

クローゼットのデッドスペースを無駄なく活用することで、たくさんの収納ができます。

クローゼットの扉は、半透明のアクリルパネルを組み込んだ引違い建具を取付けます。

それにより、圧迫感などを緩和することができ、デザイン性の向上にも繋がります。

床は、半畳用の琉球風畳に変わります。

縁がないので、見た目だけでなく、掃除などもしやすそうです。

気になる完成写真は、次回の号で…。

お楽しみに…(●^o^●)


大阪狭山市 H邸 収納クローゼット工事 現調

和泉市の水回りリフォームの正住です。

みなさん、突然ですが、収納に困っていませんか。

片づけても、片づけても、モノって増えてくるんですよね~。

最近では、断捨離などと言われていますが、思い出の詰まった物など、

なかなか捨てられない…とお困りの方も多いのでは?

H様も、モノが溢れてお困りのご様子。

そこで、和室にクローゼットを新設することに…。



と言っても、8帖の和室には、すでに、間口1間半(約2M70㎝)のクローゼットがあり、

大きな窓や、リビングと続き間となる引違い建具などもあり、

新たにクローゼットを取付けする場所が、限られています。

間口半間(約90㎝)のクローゼットでは、容量的に少ないとの事から、

最低、間口1間(1M80㎝)のクローゼットが欲しいとのご要望でした。

頭を悩ましましたが、お客様から、西側の窓は、あまり使っていないので、

半分潰しても良いとのことでした。

窓を半分塞ぐと、暗くなるのでは?と思いましたが、もともと西側の窓は、テラスに囲われていて、

光や風が軽減されていますし、南側に大きな窓もあるので、そんなに暗くならないのかなと。

そうとは言っても、フラットな建具では、圧迫される感じがあるので、

半透明な建具で、見た目的にも緩和される建具を選びました。

それが、こちら。(*‘ω‘ *)





半透明の樹脂パネルを組み込んだ建具、LIXIL ウッディライン 可動間仕切建具。                           こちらの商品は、クローゼット用の建具と言う事ではなく、部屋と部屋を繋ぐ間仕切り建具用です。

半透明なので、柔らかな光が入ってきますし、洗練されたデザインで和室にもマッチします。

あえて、この建具をクローゼットに流用して、取付けをしようと思います。

そして、畳…。( ◠‿◠ )

年数が経っているので、新しく変えることになりましたが、どうせやるなら、

今、流行りの半畳タイプの琉球畳にしたいとのことでした。

琉球畳は、縁がなく、スッキリしたデザインで、和洋どちらにも相性が良く、

モダンな雰囲気を醸し出せるため、人気の畳です。

しかし、本来の琉球畳は、通常のイグサとは別の種類で、湿気に強く速乾性に優れ、

丈夫で長持ちと言う利点がある反面、肌触りなどが少し荒かったり、

値段面でも高額になったりします。

そのため、通常のイグサで、縁なしに織った半畳用の畳を、琉球風畳と言っていますが、

肌触りの面や金額面などでもコチラをおススメします。



日本の住生活になくてはならない畳…。(*´з`)

現在では、和室が一切ない住宅も珍しくないのですが、やはり、日本人として、

畳の利点を今一度、考えてみては、いかがでしょうか。

何と言っても、畳に寝っ転がるのは、気持ち良いですもんね~。

畳の新調や表替え、襖や障子の張替など、ご用命は、正住へ。

もちろん、1枚からでも、OKですよ。


大阪狭山市 T邸 耐震診断

和泉市の耐震、水回りリフォームの正住です。

今日は、朝から雨…。ウンザリ…。(*_*)



金曜日に、耐震診断に行って来ました。

昭和55年の木造2階建て住宅です。

まずは、外回りをグルッと一周…。



外壁を指で触ると、白い粉が指に付きました。

これは、チョーキング現象(塗装の表面が経年変化に伴い、塗料の顔料がチョークのような粉状に

なってしまうこと)と言って、この現象が出てくると、そろそろ外壁の塗替え時期になります。

現在、市販されている塗料の多くは、可塑剤が含まれているので、年数が経つと、

ヒビ割れが発生したり、防水効果が損なわれてしまいます。

当然、ヒビ割れ箇所などから、雨水が侵入して、雨漏れを発生させてしまう可能性があります。

雨漏れと言うと、屋根瓦が原因なのでは?と思いがちですが、

外壁から水が回っているケースも少なくないのです。(/ω\)



こちらのお宅も、外壁や基礎廻りに、けっこう大きなヒビが入っていました。



それから、建物内部に入り、各部屋の調査に移ります。

床や壁に劣化したところがないか、ヒビが入っていたり、欠けているところがないか…など。

 



ただ、耐震診断では、床や壁を壊すことなく見れる範囲までとなっていますので、

表面からの調査だけでは、壁材の仕様までは、わかりません。

そこで、コンセントのプレートを外し、壁の材質や厚みなどの仕様を、詳しく見ていきます。

壁の材質、厚み、釘の種類や釘打ち間隔によって、耐力が大きく変わってきます。



そして、屋根裏の状況。(*´з`)

雨漏れしていないか、木材などが腐食していないか、

屋根を支えている木材(母屋材や小屋束など)の接合部の状況などを確認していきます。

上の写真のようなカスガイ金物だけでは、大地震時に、破断してしまうかもしれません。

あと、屋根裏からは、内壁材の種類や筋交いの有無なども確認出来たりします。



そして、最後に、床下に潜入…。

昔は、材料や道具が、今と違ってあまり良くないため、(もちろん、単純に違反物件と言うわけではなく、

その当時は、一般的な工法であったわけですが…)

基礎工事をする際に、仮枠を組んでそこにコンクリートを流し込むのですが、

型枠のパネルが、コンパネ(表面がザラザラしている木質系の合板。正式名称、コンクリートパネル)だと、

上の写真のようなマメイタ(コンクリート表面がボコボコ穴が開いて、均一でない状態。別名、ジャンカ)が発生し、

基礎の精度が均一化しません。

大地震時に、破断することも考えられます。

早めの対策が必要と思われます。

ちなみに、現在では、型枠工事に金属製の物を使うため、マメイタ発生の可能性が極めて少なく、

また、仕上がりも、とてもキレイです。

お住まいの耐震性など、気になる方は、ぜひご相談を…(*‘ω‘ *)


堺市 T邸 床補修工事 現調②

和泉市の水回りリフォームの正住です。

引き続き、T様邸の現場調査に行って来ました。

地盤が悪いせいなのか、全体的に床が傾いているとのこと。

確かに、目で見ても少し傾いているように見えますし、慣れていないと、気持ち悪くなってしまうかも。

特に、台所付近がひどく、流し前で調理するのに立つ場所が、かなり傾いているみたいです。



建物全体の傾きを直すというのは、かなり大ごとになって実用的ではないので、

床だけをめくって、床を支えている束石や木製束をやり直した方が良いのでは…、と説明。

もちろんそれにしても、工事範囲は広がってきます。

一カ所だけ補修すると、どうしても、工事をしていない部位とで、段差になったりするので、

繋がっている箇所は、全て床工事をした方が良いかもしれません。

T様邸の場合、玄関ホール~廊下、台所、洗面所と床が繋がっているので、

最低限、そこまではした方がよさそうですね。(;・∀・)



トイレと居間の床は、一応、敷居で縁が切れているので、今回は、しない方向でいきます。

ただし、トイレや居間の床、さらには、2Fの床も傾斜が気になるとの事でしたので、

将来的には、やはり、工事した方がいいかもしれませんね。

トイレの床は、新しく便器を取替えていたのですが、廊下の床の高さとトイレの土間の高さが、

ほぼ同じになっています。(ドアの敷居だけが、飛び上がっている状態…)

トイレ土間を、水を流して洗っているとのことでしたが、土間と敷居の段差(立ち上がり部)が少なく、

水を流すと、敷居や柱などに、水が掛かって、柱などの木部を腐らせてしまいます。

実際に、敷居は、腐食が凄かったのか、新しく取替えられていました。

水を流す場合は、立ち上がり部分(10㎝くらいの段差)が必要になってくるので、

水を流さなくても、お掃除が簡単な床材に変えたほうがいいかもしれませんね。



あとは、お風呂場。(@_@;)

壁タイルに、クラック(ヒビ)が入っていました。

テープを貼っている箇所が、クラック箇所です。

壁だけでなく、浴槽廻りや土間タイルにも、クラックや隙間がありました。

実際に、隙間部分などから水が浸入していき、外壁の剥離やクラックに繋がっているのかなと。

さらに、浴槽の下部の排水設備も気になります。

浴槽の残り湯を抜くと、水が渦を巻いて排水されるのですが、おそらく、

長年使っているので、下部のコンクリートなどが陥没して、水が地盤に浸透している可能性があります。

地盤に水が常時流れていくという事は、地盤が陥没、空洞化になって、

ひどくなると、建物が傾いてきます。(*_ _)

そうならないためにも、床下は、常に乾燥している状態にすべきです。

最近は、システムバスが主流になっていますが、床下の乾燥対策や排水問題、衛生面から言っても、

やはり、在来浴槽(下の写真のような工法)より、システムバスの方が優れていると言えます。



以上、気になる箇所を書き連ねましたが、これらを元に、お客様に提案していきたいと思います。

リフォームは、どこまで工事をするか(どこで線を引くか?)が、非常に難しいのですが、

予算的なことや工事期間なども含め、お客様と相談しながら、決めていけたらと思います。

どのように変わるのか、今から楽しみです。(´へωへ`*)


堺市 T邸 外壁落下補修工事 現調①

和泉市の外装、水回りリフォームの正住です。

お客さまから、突然、外壁が落下した…との電話があったので、現場調査に行って来ました。

ブルーシートを被せている箇所が、外壁が落ちたところです。

ベランダが、L型にあり、正面の壁タイルが、右側面にも延びています。

裏から水が回っているみたいで、タイル及び下地モルタルが、落下していました。



ベランダに上がってみて、ビックリ!!

鉄柵がサビて、ボロボロになっています。( ゚Д゚)

鉄柵の柱の根本部分、防水が切れていて、コレでは、中に雨水が入ってしまうな…と。

全体的に防水も寿命がきているのか、所々、防水が切れてしまっています。



排水の落ち口も、小さくて、泥やら葉っぱなどが、すぐに詰まりそうです。

ベランダの土間は、傾斜が緩く、所々、水が溜まっています。

特に、落ち口周辺は、水はけが悪く、常に水が溜まっている状態です。

防水効果が、まだ高いうちは、建物内部に雨水が入っていかないかもしれませんが、

防水効果が悪くなってくると…。”(-“”-)”

実際に、このお家も、真下の部屋が雨漏れしています。

防水材料や工法は、色々ありますが、やはり寿命があるので、早めの点検、修理が必要です。



防水材料や塗装材料などは、表面からの防水効果は、当然高いのですが、

防水材料などの裏から、水や湿気などが回ると、剥離や膨張したり、亀裂が入ったりします。

下の写真は、裏から、湿気などで押されて、外壁に、剥離&亀裂が入っている状態。

補修した跡も見られるのですが、部分的に表面だけの補修では、

根本的な改善にならないと思います。

亀裂などのスキマに、コーキングを打っただけでは、またすぐに膨れてきたりします。



こちらは、外壁が完全に剥離して、くの字に折れて、今にも落下しそうな状態。

こうなってくると、コーキングなどの補修でなく、ある程度、外壁をめくって、

下地からやり直す必要があります。

どこまで、外壁をめくって補修するかが、難しいところですが…。

なんせ、外壁をめくり始めると、延々と工事範囲が広がってしまう可能性があります。

そのため、事前に、詳細な調査&確認などが必要になってきます。



昔(昭和40年代頃か?)に、各地で、建てられたであろう建売住宅など、

年数が経って傷んできているというのもありますが、建築当時の施工方法の問題などもあって、

けっこう、あちらこちらで、外壁が落下したというところが、見受けられます。

建物の下周辺の壁であれば、まだマシなのですが、これがもし、建物の上の方で、突然、

外壁が落ちてきて、住人の方や、近隣の人、もしくは、通行人に当たってケガをさせてしまったら…。

もしくは、剥離していた壁が、地震などで落下してしまったら…。

考えただけでも、ゾッとします。

築40~50年くらいの木造住宅などにお住まいのみなさん、

ぜひ、自宅の健康診断を受けてみて下さい。

思わぬ発見があるかもしれません。(”ω”)ノ

上記の写真などを見て、不安に感じた方は、ぜひ正住へお問い合わせください。


▲TOPへ