2019年2月の一覧

富田林市 N邸 耐震工事 完成

和泉市の水回りリフォーム、マイティホームの正住です。

今日は、とっても良い天気でしたね~。

2月も、もう終わりと言うことで、いよいよ春到来って感じですね~。

3月の初旬は、まだ少し寒いでしょうけど、なんとなくワクワクしますよね~。



工事中だった木造住宅の耐震補強工事、完成致しまたっ~。

耐震補強+リフォーム工事と言うことで、

工事期間が、長くなりましたが、無事に終了致しましたよ。

耐震補強の箇所は、ビニールクロスなどで仕上げると、

全くわかりませんが、耐震補強と同時にリフォーム…と言うことで、

効率的に工事をすることができました。(^_-)-☆



リフォームをして、新たに、リビングに生まれ変わりました。

収納が少なかったので、クローゼット収納を、新しく造りました。

床を、廊下の高さと合わせるように、床を嵩上げしたので、少し天井が、低くなりましたが…。

それでも、2M35㎝くらいあるので、そんなに圧迫感は、ないと思われます。

(住宅の部屋の天井高さは、一般では、2M40㎝くらい…)

天井が段になっているところは、構造体の大きな梁があって、それより上部に天井が上げれなかったので、

あえて段落ち天井にして、デザイン的にもアクセントになるように配慮しました。



一般的に、年数が経っている家は、建築当時の図面がない…ということが、よくあるかとと思われます。

どこかに、しまい込んでわからなくなってしまった…、

中古物件として不動屋さんから購入したが、ちゃんとした図面をもらっていない、

建築年が古すぎて、そもそも図面があったのかどうかわからない…など。

図面がないと、リフォームするときなどに困るわけですが、

図面がなくても、現場調査で、大体のことは、わかります。

しかし、隠れている箇所などは、わからないので、床、壁や天井をめくってみて、ビックリなんてことも…。

そうなると、追加工事が発生して、思わぬ費用負担があるかもしれません…。

そうならないためには、リフォーム&リノベーションをする際に、事前調査をしっかりと行ない、

事前の説明を受けて、充分に納得した上で、工事を依頼するようにしましょう。

特に、耐震補強工事は、仕上がると、目に見えないところが多いので、

実績のある工事店を選びたいものですよね (;^ω^)


今年は、暖冬!?

和泉市の水回りリフォーム、マイティホームの正住です。

まだまだ、寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

冬が突入するまえに、たしか天気予報で、今年は、暖冬と言っていたのですが、

今年は、暖冬だったのでしょうか?

そう言えば、何年か前には、雪も積もったりして、かなり寒かった日がありましたが、

それに比べれば、今年の寒さは、少しマシなのでしょうか?



何にせよ、寒い日は、イヤなので、

春が、待ち遠しい (●´ω`●)



平成最後の春に向けて、気持ちも新たに、何事にも挑戦していく覚悟であります。

今年は、我が社にとって、なんとしてでも、変革の一年に…といきたいものです。

今年の秋に消費税増税も、予定されていることから、何かのきっかけになればと思っています。



消費税増税が予定通り、実施されれば、当然10パーセントになるわけですが、

一部、生活用品などで、8%に据え置かれるものもあるとか…。

スーパーやコンビニなどで、スタッフ等の混乱が予想されると言うのに…。

その点、我が社が取り扱っているモノは、全て10%。

家と言う高額な商品は、2%でも、実に大きいですもんね~。

3月31日までに契約すれば、引渡しが10月以降になっても、8%が適用されるため、

3月に向けて駆け込み需要が予想されていましたが、今回の駆け込みは、

前回の5%から8%に上がるときの駆け込みと比べると、まだ、鈍いんだとか…。

その理由として、色々なことが考えられますが、その一つとして、

住宅ローン減税の拡充や、住宅取得資金に係わる贈与税の非課税制度など、

10%で購入した方が、優遇される制度もあり、急いで8%で購入しなくても…

という考え方もあります。

とにかく、住宅を購入するというのは、長い人生のうちで、そう何度も経験することでは、

ないでしょうから、じっくりと検討していきたいですよね。

もちろん、リフォームに関しても、いくつかの支援策があります。

現在、少子高齢化などの問題もあって、住宅が余っていますものね。

空き家問題は、この先、今以上に、深刻化してきます。

最新のトレンドを取り入れた新築住宅などは、魅力的ですが、

住宅が余剰になっていることを考えますと、中古住宅を購入して、

リフォーム&リノベーションをして、快適に暮らすなんてのも、アリかなと思います。

新築並みにキレイに生まれ変わりますし、なにより、新築を建てるのと比べて、

費用が、かなり抑えられると言うメリットがあります。

とにもかくにも、家づくりで失敗しないためにも、事前の情報集めが、必須ですね。

ひとりでも多くの方が、快適なマイホームに住めますように…(●´ω`●)


大阪狭山市 O邸 カーポート工事他

和泉市の水回りリフォーム、マイティホームの正住です。

早いもので、2月も早や中旬、今日は、少し肌寒いのですが、

来週の前半は、少し寒さがマシになるとか…。

このまま、一気に、春になってほしいところですね…。

ところで、昨年、9月4日に発生した台風被害…。

当社でも、多数のお問合せがありましたが、

なかなか復旧工事が進んでいないのが、実情です。





今回の台風被害では、屋根の瓦(特に一番高い箇所である棟瓦)や雨樋の被害、

カーポートやアルミテラスなどのエクステリア部品などが、

多数、被害に合っているように思われます。

当社としても、一日でも早く、復旧したいと切に願っているのですが、

何と言っても、工事をする職人さんの絶対数が少ないので、

当社としても、もどかしい気持ちでいっぱいです。

街なかを見ても、まだまだ、あちらこちらで、ブルーシートが掛かっていますので、

完全復旧には、だいぶ時間がかかるかもしれませんね。

そんな中でも、復旧できるところは、少しずつではありますが、

復旧工事を進めさせて頂いております。



カーポートの屋根材が、台風で飛ばされて破損したり、屈折していたり…、

なんてお宅も、多かったのでないでしょうか?

屋根材も品薄で入ってこなかったりで、なかなか工事ができませんでしたが、

O様邸、このたび、なんとか、復旧ができました。( ^ω^ )

2階ベランダの屋根材も、被害にあったのですが、

こちらは、骨組みが完全に曲がって折れてしまっていたので、

新しく、ベランダ屋根の取替をさせていただきました。

現在、当社で工事依頼をされている皆様へ、

順番に工事のご案内をさせて頂いておりますので、もうしばらくお待ちください。

なお、被害の状況や危険度、緊急性などで、工事の順番が変わる場合がありますが、

何卒、ご了承のほど、よろしくお願い致します。(=_=)

皆様のご期待に、一日でも早く、応えられるように、

全力で対応させて頂きますので、今後とも、よろしくお願い致します。

 


▲TOPへ