ブログ

予告 イベント開催決定!?

和泉市の水回りリフォームの正住です。

イベントの開催日が、決定致しましたので、ご報告致します。

『リクシル リフォームフェア2018』が、来たる6月30日(土)と7月1日(日)の二日間、

南港のインテックス大阪にて、大々的に開催されます。



去年、当社もバスツアーを企画して、多くのお客様と一緒に、参加させて頂きました。

広大なイベントスペースに、多くのリクシル商品が展示されていて、

実際に見て、触れて、体験できるとのことで、よりリフォームのイメージがしやすく、

多くのお客様に好評を頂きました。



そのリフォームフェアを、今年もやりますっ。(上の写真は、去年のリフォームフェアの様子)

今回のイベントでは、この春から随時、発売されていく新商品が、目白押し…。

気になる新商品の概要を少しだけ…。



リクシルの高級ブランドである…システムキッチン リシェルS I 。

熱やキズ、汚れに強い、優れた耐久性があるセラミックトップ。

そのセラミックトップなどのカラーバリエーションが増えて、より選んでもらいやすくなりました。

今まで、セラミックトップを選んでも、シンクは、ステンレスしか選べなかったのが、

同系色のシンクを選べるようになったのが、嬉しいですねっ。

より使いやすくなったスライドストッカー・らくパッと収納も…(●^o^●)



私が一番気になったのが、リラクゼーション効果がより一層高めらた…システムバス スパージュ。

従来からある、打たせ湯や肩湯などのリラクゼーションとの相乗効果で、

より効率的に味わうことができる…調光、調色機能を備えた『こだわりの照明設備』。

外の景色を、システムバスの壁一面に取り込んで、開放感のあるバスタイムが楽しめる『大開口窓』など。

新商品は、まだまだありますよ~。ヾ(≧▽≦)ノ

タンクレス便器の先駆け、リクシル サティスシリーズに、2つの新色が追加。

主に男性の方に好かれそうな…ノーブルブラック色。

私なんかは、便器を見て、単純にカッコイイと思いましたっ。

女性の方が好みそうな…ノーブルトーブと言う色は、今まで見たことがないような高貴な色になってます。

ベージュ?と言うか、ダークブラウンと言うべきか、なんとも言葉では、言い表せない色であります。



洗面化粧台は、高級感漂う、リクシル ルミシス…。

他にも、続々と…。

ページの関係で、全部を、お伝えできないのが、とても残念~。

この春、新しくなっていく…リクシル商品の数々。

ぜひ、リクシル リフォームフェアで、ご確認下さい。

また、バスツアーも企画していますので、皆様、奮ってご参加ください。

バスツアーの詳細は、またの機会に、ご報告しますっ~。 (*´ω`*)


奥様必見、簡単エコ掃除!?

和泉市の水回りリフォームの正住です。

連日、オリンピックのニュースが流れてきて、嬉しい報告が続きますね~。

あの舞台に立つまでには、日々の辛い試練を、たくさん乗り越えて来たんだろうなあと思うと、

私なんかは、ただただ、頭が下がる想いです。



日々の辛い試練?と言うと、主婦の方にとっては、何と言っても、家の掃除ではないでしょうか?

掃除と言うと、最近、ナチュラル素材を使って、日々の掃除に取れ入れている人が増えているんだとか…。

ナチュラル素材とは、重曹やクエン酸などの天然素材のことです。

天然由来の洗剤は、手肌にも環境にもやさしいのが特徴なのです。

素材の特性を知って、上手に使えば、エコだけでなく、時短にもつながるんですよ。



そこで、ナチュラル素材と身近なアイテムとを組み合わせて、だれでも簡単にできるエコ掃除のコツをご紹介します。

そもそも、重曹とかクエン酸って、どんなものなのでしょうか?

重曹は、炭酸水素ナトリウムと呼ばれる物質で、天然のミネラルの一種です。弱アルカリで、油汚れや鍋の焦げ付き、

手垢などの酸性の汚れに効果があると言った特徴があります。

研磨作用があるので、漆器やアルミ製品などには、使わないように…。

クエン酸は、柑橘類や梅干しなどに含まれる酸味を顆粒状にしたもの。水垢や石けんカス、タバコのヤニなど、

アルカリ性の汚れに効果があります。

注意点は、アルミ製品や大理石に使うと、錆びたり溶けたりするおそれがあると言う事…。

それぞれの特徴を知って、効果的な箇所に、使っていきたいですよね。



気になる使い方としては、空のスプレーボトルに、重曹小さじ2とぬるま湯200CCを入れて、

フタをしてしっかり振り混ぜて、重曹水スプレーを作ります。

熱いお湯を使うと、強アルカリ性に傾き、素手で扱うと危険ですので、注意してください。

クエン酸スプレーの作り方は、空のスプレーボトルに、クエン酸小さじ1、水200CCを入れ、

フタをして降り混ぜます。

誰でも、簡単に安全に、そして効率的にできる…、簡単エコ掃除。

春は、もうすぐ…。

ぜひ、エコ掃除をして、気持ち晴れやかに、新学期&新生活を迎えましょう。


祝、オリンピック開催!。

和泉市の水回りリフォームの正住です。



今日は、雨ですね~。しかも、当然のように寒い…。

この間、ちょっと寒さがマシな日があって、このまま暖かくなってくれるのかなと、

思っていたのに…。本当、油断ならないですね~。(>_<)



そんな寒い中、冬季オリンピックが開催されましたね~。

なんでも、開催地では、氷点下19℃くらいだったか、寒さがえげつないのだとか…。

私みたいなオジさんからすると、この寒さに耐えて、オリンピックに出場するだけでも、

金メダルに値するのではないでしょうか…と思ってしまいます。

私だったら、競技する前に、寒さに耐えかねて、棄権してしまうだろうなぁー。(≧◇≦)

やっぱり、冬季オリンピックは、暖房の効いた部屋で、コタツに入って、

ミカンを食べながら、見るのが良いですね~。



選手の方には、ケガすることなく、悔いが残らないように、

ぜひベストを尽くしてもらいたいですね。

寒い中、熱い戦いを期待しましょ~。٩( ”ω” )و

 

 



余談ですが、寒い中、私も負けずに、現場調査に行ってきましたよ。

駐車場などによく使われている…ステンレス製のポールが、夜間、何者かによって、

曲げられてしまっていたのです。

簡単に曲がるものではないので、おそらく、深夜、車をポールに当てたに違いありません。

衝撃などで、運転手は、絶対に気付いていたはずだっ~。

それなのに、何故、何も言わずに、逃げてしまったのかっ~。(*_*)



被害者のお客さんのことを思うと、残念でなりません~。

当て逃げは、たとえ神様?が許しても、この私が許しませんよ…。

と言っても、私が、犯人を捕まえることも出来ないので、

とりあえず、早急に、ポールを新しいのに取り替えるように、段取り致しましたっ~。

とにかく、犯人?が、このブログを見ていたら、警察に自首することをおススメします。

ま~、見てるわけは、ないだろうけど…。(∩´∀`)∩


LIXIL イベント 2018春

和泉市の水回りリフォームの正住です。

いや~、今日は、参りましたね。

朝、いつもの時間に、いつも通りに出勤したにもかかわらず、

道路が、大渋滞…。

普段、こんなに混むことはないのに…、と不思議に思っていたら、やっぱり…。

交通事故で途中から、通行止め…。

仕方なく、道を変えて、事務所に向かうことにしたのですが、

その途中で目にしただけでも、車の接触事故が、2件…。

さらに、反対車線でも、通行規制がかかっているみたいで、やはり大渋滞…。

道路の路面凍結で、あちこちで、事故が起こっているみたいですね。

ラジオの交通情報でも、通行止めになっている道路があるらしいので、

お車での移動の際には、充分にお気を付けください。(‘ω’)

ちなみに、普段は、通勤時間、車で20分のところ、今日は、一時間以上かかりました。



そんな思わぬハプニングがあったのですが、今日は、イベントのご案内をさせて頂きます。

来月、3月3日、LIXILショールーム南港にて、”住まいるフェア “が、開催されます。

この春から、発売されるLIXILの魅惑的な新商品が、多数展示されますので、

ぜひ、奮って、ご参加下さい。

当日、イベント会場では、『キッズコーナー』や、『マジック&バルーンショー』などの、

お楽しみイベントや、『生活設計相談会』や『カーテン&照明相談会』などなど、

多数、開催されているのですが、中でも、ぜひ聞いて頂きたいセミナーが、

『キッチン収納セミナー』です。(●^o^●)

“10000人を超える受講生を持つ整理収納の達人…”、宮本美保先生が、

システムキッチンなど実際の商品を使って、ライブ形式で、わかりやすく説明してくれます。

以前に私も受講したのですが、男性の私でも、かなりわかりやすく、

ためになる話を、たくさんしてもらいました。

ぜひ、この機会に、”楽しみながら整理収納ができるコツ “を、聞いてみてください。

つらい毎日の家事が、少しでも、楽になるように…。(^v^)

以上のように、住まいのアイディアや楽しいイベントが、盛りだくさんの”LIXIL 住まいるフェア”。

ご家族、お友達、お誘い合わせの上、ぜひ、ご参加下さい。

ご参加のお申し込みは、正住 担当の中嶋まで。

AM9時~PM5時まで、☎0725-92-8186で、お待ちしております。


部屋がとても寒い…と感じているアナタへ。

和泉市の水回りリフォームの正住です。

今日から、2月ですね~。ほんと、月日の経つのは、早い…。

それにしても、寒いですね~。

窓を開けると、雪?みぞれ?が、降っています。

こんな日は、外出は控えて、暖かい部屋でぬくぬくと過ごしたいもの…。

しかし、うちの自宅は、床下や外壁からの隙間風があり、とても寒い…。

おまけに、窓ガラスも、一般的な単板ガラスなので、断熱性能がとても悪いと言えます。

なんでも、冬の暖房時に、室外に逃げる熱のうち、なんと48%の熱が、

開口部(窓など)から逃げていると言うデータがあるのだとか…。



つまり、冬季に外気に接する外壁や窓ガラス面が、急激に冷やされ、その冷気が床表面をゆっくり移動し、

床下の冷気不快感に繋がっていると言うことなのです。

これが、コールドドラフトと言う現象なのですが、確かに、断熱性能の低い部屋では、

天井付近と床付近の温度差が、かなりあるので、

頭上は暖かいのに、足元は、かなり寒いと言うことになってしまいますよね。

一般的に、天井付近と床付近の温度差は、3℃以内に抑える方が良いとされています。

温度差が高くなればなるほど、ヒートショックの原因になります。

これにより心筋梗塞や脳血管障害になる可能性が高くなってしまいます。

 

やはり、四季のある日本では、断熱性能を高めて、家の中のどこにいても、温度差が少ない…、

暖かい家を作る必要があります。

余談ですが、北海道の人は、断熱性能が高い家にセントラルヒーティングで、冬でも T シャツ一枚…、

部屋間の温度差が少ない家で、冬でも快適に過ごしているそうです。



建物の断熱性能を高める方法は、幾つもあるのですが、手っ取り早くするには、

やはり、窓サッシの断熱対策が一番…。

以前のブログでも何回も紹介させて頂いた…断熱内窓 LIXIL インプラス…。

さらに、断熱効果だけでなく、結露対策にも有効なんです。



長年に渡って結露が発生…、知らない間に、壁内部などを腐朽させる可能性があるので、

窓サッシの結露対策は、とても重要なのです。

インプラスは、他にも、防音効果、防犯対策、目隠し効果などの利点があります。

さらに、断熱効果などで、冷暖房の効率が良くなり、省エネにも繋がります。

これからの住まいは、地球に優しく、家計に優しく、そして、人に優しくなければならないと思います。

そんな願いもありつつ、先日、国土交通省補助事業である…『住宅省エネルギー設計技術者講習 』の資格を取りました。



住まいの省エネルギー対策など、気になる方は、ぜひ当社まで…。(V)o¥o(V)


寒すぎるなかの現場調査!?

和泉市の水回りリフォームの正住です。

寒い、寒すぎるっ~。

今日は、また一段と冷えますね~。

本日、1月25日(木)の当社事務所の温度は、8.9℃、湿度52%。

当社事務所は、3階建ての3階にあるため、お日様が出てくると、

少しだけ暖かいはずなんですが…。



ちなみに、私の住んでいる自宅では、築50年の木造2階建て住宅なので、

もっと、寒いのですが…。

なんせ、築50年で、あまり手を入れていないため、

窓サッシまわりなどの隙間風やら、床下から来る寒気やらで、冬場は、とてもつらい…。

基本、土壁の家で、夏は、過ごしやすいほうだと思うのですが、冬は…:;(∩´﹏`∩);:

元々、寒がりなうえに、歳を取ってくると、ますます寒さに弱くなってきますね~。

誰か?、うちの家を暖かい家にしてくれないかな~(笑い)(^_-)-☆



昨日も、風が強くてとても寒いなか、現場調査に行っていたのですが、

手は、かじかんでくるし、鼻水は、出てくるし、ほんと、寒いのヤだ~。

できることなら、寒い日は、外出を控えて、

暖かい部屋から出ることなく、仕事ができたらなあ…。(V)o¥o(V)

まぁでも、一日、外で頑張っている職人さんらに比べたら、だいぶ恵まれていますが…。

(職人さんや外で頑張っている人には、この時期、特に、感謝、感謝です。)

そんなこんな言っておりますが、こんな寒いときは、

ゆっくりと温泉にでも、行きたいなぁと願う、ワタクシなのでありました。


松原市 I邸 屋根工事 現調

和泉市の屋根、水回りリフォームの正住です。

今日は、良い天気~。

今週は、少し寒さが和らぐみたいですが、来週からまた、寒さが厳しくなるみたいで…。

寒くなると、外回りは、堪えますね~。:;(∩´﹏`∩);:



以前に耐震診断をさせて頂いたお客様から依頼があり、

耐震補強を考えているので、一度、相談に乗ってほしいとのこと。

内部の壁補強なども提案させて頂きましたが、やはり?、屋根瓦の重みが建物全体の負担となっているので、

屋根を軽量瓦に葺き替えされてみては、どうでしょうかとの提案をさせて頂きました。

今までに、瓦を葺き替えたことがないとの事でしたので、瓦の劣化なども気になりますし…。

そこで、屋根の点検に行ってきましたっ~。



屋根瓦は、葺いてから30年以上が経っていて、徐々に経年変化が、広がってきています。

特に、1階の屋根の壁際部分は、雨漏れしやすい箇所で、年数が経つとともに、

のし瓦(長方形の平べったい形状の瓦)がハズれてきたり、傾斜が緩くなってきたりします。

のし瓦がハズれると、落下の危険性がありますし、のし瓦の傾斜が緩くなってくると、

雨漏りの原因に繋がる可能性があります。(+o+)

さらに、上の写真で、屋根漆喰(しっくい)のヒビ割れ、欠けなども気になります。

当然、雨風に晒されて、屋根漆喰(地瓦とのし瓦の間にある…白い部分)も傷んできますし、

漆喰が取れて、その裏にある屋根土がむき出しになると、

雨水が建物内部に侵入していくことになります。

怖いですね~、イヤですね~。

屋根漆喰は、定期的に塗り直しする必要があるんですね~。



屋根瓦って、普段、あんまり気に掛けないところなので、見落としがちですが、

雨漏りしてからでは遅いですし、やはり、定期的な点検が必要です。

特に、2階の屋根などは、高所で登れないため、ほとんど見ないですもんね~。

屋根点検のポイント、屋根葺き替えの注意点は、たくさんあるのですが、

ここでは、長くなるので、割愛します~。(●^o^●)

気になる方は、正住へ☎


藤井寺市 Hマンション 漏水修理

和泉市の水回りリフォームの正住です。

毎日、寒い日が続きますね~。

ほんと、寒いのイヤですね~。

ちなみに、当社事務所の本日朝の気温は、11.1℃、湿度56%でした。

これからますます寒くなると思うと、ゾッとします~。(*_*)



そんな中、昨日、現場調査に行ってきました。

昭和48年に建てられた…4階建て鉄筋コンクリート造マンション。

築50年近くと言う事で、あちらこちらで、経年変化&老朽化が…。



年数の経ったマンションで、特に問題になってくるのが、給排水設備…。

古くなってくると、水道の配管などが、老朽化して、水漏れが発生してきます。

1階の部屋だけの問題であればマシなのですが、2階、3階…などの高層階で、

水漏れが発生してきますと、当然、下の階の住戸に水漏れしてきます。

ここのマンションも、2階の住戸から1階の住戸へ、長年に渡り、水漏れしていたみたいで、

1階の住戸の廊下やトイレなどの天井部分に、染み渡っています。

既に、天井がめくられていたので、配管などを確認することができたのですが、

かなり腐食している模様…。



隠れている箇所でも同様のことが考えられるので、途中のどこかで、漏れている可能性が…。

水道メーターを確認しても、回っていなかったので、給水より排水の方があやしいですね…。

もっとも、ごく微量の給水の漏れであれば、水道メーターが回らない可能性があるので、

給水管からの水漏れも100%、否定はできませんが…。(‘ω’)



どちらにせよ、年数が経っているマンションなどでは、設備などの老朽化の問題が深刻化してきますが、

配管などが隠蔽されている以上、簡単に修繕などができないケースが、多いのです。

当然、住人の方が住まわれていますので、大規模な修繕には、住人の方の了承が必要になってきますし、

なにより、費用も高額になってしまう場合が、多いのです。



今後、日本各地で、このような年数の経ったマンションの老朽化などが、露見していくことでしょう。

少子高齢化が謳われて久しいですが、国や自治体は、このような中古マンションや中古住宅の問題を、

早急に対策していく必要が、あると思いますね。(。´・ω・)?


あっという間に、快適生活!?

和泉市の水回りリフォームの正住です。

今日は、風が強かったですね~。

風が強く、とても寒かったのですが、これから先、

もっともっと、寒い日が来ると思うと、とても、憂鬱…。

恥ずかしいことに、ウチの家は、築年数が古く、断熱材が入っていなかったり、

隙間風が入ってきたりで、と~てっも寒いのです。:;(∩´﹏`∩);:

あ~、断熱対策をキッチリとした…暖かい家に住みたいなぁ…と思っている、今日この頃なのでした。



そんな似たような住環境?で、お困りのあなたに朗報です。

断熱対策は、窓廻りからと言う事で、今ある窓を壊すことなく、内側にプラスするだけで、

快適生活が送れると言う…LIXIL インプラスのご紹介です。



おススメポイントは、主に3っつ。

一つ目、窓の断熱性能を高めることで、住まいの心地良さがグンとアップします。

おまけに、エアコン効率が良くなり、家計にも環境にもやさしくなります。

二つ目、冬場は、暖房などで、結露が発生しやすくなりますが、インプラスなら、外気温の影響が受けにくいので、

結露の発生が抑えられます。結果、カビやダニの発生も抑制できます。

三つ目、外窓とインプラス、その間に空気層ができることにより、高い防音性を発揮。

外部の音が気にならないので、心地良い暮らしが実現します。



他にも、二重窓になるので、防犯対策にも繋がるという利点が…。

インプラスは、豊富なバリエーションを誇っているので、

洋室だけでなく、和室にもマッチしますよ~。

さらに、おススメなのが、浴室にインプラスです。(●´ω`●)

脱衣所と浴室の温度差は、急激な血圧変化をもたらし、

心臓に大きな負担をかけます。これを、ヒートショックと言い、

心筋梗塞などになる可能性があるので、気をつけねばなりません。

インプラスで断熱性を高めると、身体にやさしい浴室の温度になるため、

ヒートショックを軽減することができます。

 

建物全部の窓にインプラスを取り付けるのは、大変かもしれませんが、

(工事は、あっと言う間に終わりますが、予算的に…)、(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

とりあえず、よく使う部屋だけでも、窓対策をしてみてはいかかがでしょうか。

寒さが身にしみるこの時期、愛着のある…家では、快適に過ごしたいものですね~。


紫外線対策!?

おはようございます!

和泉市の水回りリフォームの正住です。

お正月が明け、連休も明けて、今日から、本格的に始動と言う感じでしょうか。

休み明けで、まだまだ正月ボケが抜けておりませんが、体調に気を付けて、

この一年間、頑張っていきたいですね~。



寒い季節って、どうしても外出を控えて、長時間、暖房のある部屋などで、過ごしがち…。

そんな寒さが一段と厳しくなる季節だからこそ、冬の肌トラブルを防ぐ紫外線対策が大事なのを、

ご存知でしょうか? (^_-)-☆

冬に向かって紫外線量は減るのですが、その影響は意外にも大きく、

対策を怠ると深刻な肌トラブルへとつながることもあるので、注意が必要です。



冬の紫外線が厄介なのは、主に2つの理由からです。

それは、…

『肌が刺激を受けやすい状態になっている。』、

そして、『雪が紫外線を反射する』 。

空気の乾燥によって、肌の水分が失われると肌表面の角質がめくれて、その隙間から紫外線が

入り込み、肌の奥深くまでダメージを与えてしまいます。

紫外線は、シミやタルミといった肌ダメージを引き起こすので、注意が必要です。

今まで、あまり気にしてきませんでしたが、本当に怖いんですね、紫外線って。

では、紫外線対策って、どんなの?



それは、冬でも日焼け止めを上手に使う…と言うことらしいのです。

日焼け止めの種類や塗り方についても、気を付けなければならないことが…。

地上に降り注ぐ紫外線には、UVA波とUVB波があって、

UVA波を防止するのはPA値、UVB波を防止するのはSPF値が、重要と言うことで、

冬の紫外線対策用には、肌のバリア機能が低下しているので、数値が低く、肌に優しいタイプの

日焼け止めを選びましょうとのことでした。

この辺りになると、私には、チンプンカンプンなのでした。( 一一)

さらに、塗り方としては、顔や首元に日焼け止めを塗る場合は、まず化粧水や乳液で保湿を

しておくことが大切とのこと。



さらに、日焼け止めは、お出かけの直前ではなく、お出かけ30分ほど前に塗っておくのが、

オススメとのことでした。また、開封してから、時間が経ってしまった日焼け止めは、

肌の酸化や老化の原因となることもあるので、シーズンごとに新しいものを用意しましょう。

やはり、いつまでも若々しく、健康で居続けるには、日頃からのお手入れが重要と言う事…、

この記事を書いている、私が一番、勉強になりました~。

みなさんも、紫外線には、気を付けてくださいね~。(*´▽`*)


1 / 1512345...10...最後 »

▲TOPへ