堺市 O邸 塗装工事②|大阪府和泉市で新築・水回りリフォーム・リノベーションなら『一級建築士事務所正住(マイティホーム)』へ。

施工事例

  • リフォーム / 外装塗装 / 屋根工事・雨漏り補修

堺市 O邸 塗装工事②

和泉市の外装、屋根リフォーム、マイティホームの正住です。

今日は、少し寒いけど、とっても良い天気☀

でも、暖かくなったり、寒くなったりで、ほんと、体調管理が大変ですね。

O様邸の外装工事、着々と工事が進んでおります。

外壁が、サイディングだったので、塗装する前に、サイディングの目地をシーリング工事しました。

サイディングの素材は、耐用年数があっても、目地のコーキング材が、割れてきたり、

隙間が開いてきたり、剥落したりしてきたりします。

建物の方角やコーキングの種類によっても変わりますが、10年以上経過してくると、

結構、傷んでくるものです。早ければ、10年以内のところも…。( ;∀;)

サイディングの目地部分、古い目地材を完全に除去してから、マスキングテープを貼って、

目地部分にコーキングを充填していきます。

コーキング材は、ホームセンターなどで、色々な種類のモノが置いてありますが、

それぞれ特性があるので、工事箇所に合ったコーキング材を選ぶのが、ポイントです。

コーキングの打替えは、そばで見ていると、簡単にできそうな感じがしますが、

慣れていないと、結構、難しいものなんですよ。((((oノ´3`)ノ

手や周辺の壁などにコーキングが付くと、とても取りにくいので、

工事をするときは、注意が必要ですね。

目地部分に、均等にコーキングを充填できたら、コーキングヘラで、均一にならしていきます。

マスキングテープから、コーキングがはみ出さないように…。

途中でヘラの継ぎ目跡が出ないように、できるだけ、

上から下まで一気に、素早くするのがポイント…。

ヘラで押さえた後は、マスキングテープを、慎重に剥がしていき、完成です。

テープを剥がす時は、手にコーキングが付かないように、気を付けて…。

建物の内部(水まわりなど)にも、コーキングを打つことがあるかと思いますが、

慣れてくれば、そんなに難しいものではないですよ。(*´ω`*)

洗面台や浴槽、システムキッチンなどの廻りは、カビなどで、どうしても汚れてくるので、

気になる方は、一度、チャレンジしてみては、いかがでしょうか。

材料や道具などは、すべてホームセンターで揃えられますので…。

屋根は、カラーベストです。

表面の塗装は、変色して防水効果も薄れてきているみたいですが、

全体的に、カラーベスト自体は、まだしっかりとしているような感じです。

なので、今回は、カラーベストの専用塗料で、塗装工事をすることに…。

水洗いをして、表面の汚れなどを、洗い流した後は、専用塗料を塗布していきます。

その時に、カラーベストの継ぎ目(重なり部分)を、塗膜で塞いでしまわないように…。

塗膜で継ぎ目を塞ぐと、万が一、カラーベストの裏側に雨水などが入ってしまった場合、

雨水の抜け道がなくなってしまい、却って、雨漏りの原因になってしまうかもしれませんので。

気になる完成報告は、また次回の号で…。

ページトップへ戻る