大阪狭山市 U邸 窓サッシ工事|大阪府和泉市で新築・水回りリフォーム・リノベーションなら『一級建築士事務所正住(マイティホーム)』へ。

施工事例

  • リフォーム

大阪狭山市 U邸 窓サッシ工事

和泉市の窓廻りリフォーム、マイティホームの正住です。

関西では、緊急事態宣言が解除されて、初めての週末…。

各地で、人通りが戻ってきつつあるそうな…。

昨日は、天気も良かったし、久しぶりにお出かけした人も多いのでは…?

そして、いよいよ、本日、日本全国で、緊急事態宣言が解除されるみたいですね…(≧◇≦)

長かったステイホーム期間が解除され、ようやく、景気回復に向けて動き出しそうな感じがします。

ひとまずは、ホッとしましたが、これで完全終息になるのかは、疑問がつきまといますね~。

昨日、東京では、再び、10人超えで、緊急事態宣言が解除すると、

第2波、第3波が訪れないか、心配は尽きないですもんね~。

とりあえず、感染防止に向けて、できる限りのことをしていきましょう。

U様邸の窓サッシ工事、完成いたしました~。

広縁の掃き出し窓で、間口が広く、とても立派な窓でしたが、

長年使っていたため、窓サッシの戸車が割れていて、開閉がスムーズにいきませんでした。

窓サッシのアルミ部分は、長年使っていても、まだまだ使えるのですが、

(キズや変色などは、やむえないとして…)、どうしても、先に傷んでくるのは、

戸車と言うことになるでしょうか。

ガラス部分も割れない限り使えるのですが、戸車だけは、毎日の開閉のたびに、

少しづつ消耗していきますもんね。((((oノ´3`)ノ

もちろん、戸車だけの交換もできるのですが、U様邸の窓サッシは、約40年前の商品で、

メーカーに問い合わせしても、合うモノがなかったのです。

お客様は、毎日の開閉が重たく、とても大変と言うことでしたので、

思い切って、窓サッシを取替えては?と提案させていただきました。

既存の窓サッシを枠ごと撤去して、新しい窓サッシに取り付ける場合は、

どうしても、周辺の外壁や内壁を撤去せねばならず、費用も工期も長くなるので、

カバー工法の窓サッシを、採用しました。

カバー工法なら、ガラス障子を外すだけで、枠は取らずに済むので、周辺の外壁や内壁を、

撤去する必要もなく、工事も1日で終わります。

(実際には、2人の職人さんが、朝から作業して、昼過ぎには、終わっていました)

掃き出し窓や雨戸の開け閉めが、とてもつらい…や、そのために開け閉めがおっくうになって、

開かずの窓&雨戸になっている部屋があると言う方、

窓&雨戸を取替えて、お部屋も気持ちもリフレッシュしてみませんか。

これから、夏に向けて、猛暑の日々が予想されます。

猛暑にもコロナにも負けないように、今から、おうちの換気や断熱対策など、

準備を進めていきませんか?(*´ω`*)

ページトップへ戻る