大阪狭山市 M邸 屋根工事|大阪府和泉市で新築・リフォーム・リノベーションなら『一級建築士事務所正住(マイティホーム)』へ。

施工事例

  • 屋根工事・雨漏り補修

大阪狭山市 M邸 屋根工事

和泉市の水回りリフォーム、マイティホームの正住です。

間際まで知らなかったのですが、本日は、祭日だったみたいで…。

今年、限定の祝日らしいのですが、最近、祝日多すぎ…。

嬉しいような、悲しいような…。(*^_^*)

唐突ですが、屋根の瓦も、色々と変わってきましたね~。

昔からある焼き物の和瓦や上の写真のようなセメント瓦は、地震や台風などで、

多くの被害を受けているので、今後は、敬遠されつつあるのでは、ないでしょうか?

実際に、昭和の大きな台風を経験されている方は、瓦は重い方が良いと思われている方も

多いのではないでしょうか?

確かに一理あるのですが、従来の瓦の葺き方は、屋根土を置いて、瓦を要所要所で留め付けていく

と言った工法なので、一枚一枚、屋根下地に確実に留め付けられていなかったのです。

そのため、台風などで一枚がめくれると、そこから何枚もめくれると言った被害が、

多かったように思われます。

なので、瓦は、屋根土を載せて、できるだけ重たくして飛ばされにくくするのが良いと、

ずっと言われてきたんだと思います。(≧◇≦)

逆に、地震には、屋根を重くすると、倒壊の危険が高まるので、屋根は軽くした方が良いのですが、

阪神大震災が起こるまでは、地震の事は、2の次にされてきたのではないでしょうか?

特に、関西では、関東に比べて、大きな地震の被害が少なかったから、

地震より台風に重きを置いていたんでしょうね、たぶん!?

がしかし、最近では、異常気象などの原因で、地震だけでなく台風の被害も多発しています。

令和の時代になって、ますます昔の常識が通じなくなってきているんですね~。

では、どんな屋根瓦が良いのでしょうか??

地震にも台風にも強い屋根瓦、そのうちの一つ、富士スレートの“エアルーフ” 。

色々なバリエーションがあるのですが、総評して、エアルーフは、

1坪あたりの重量が、比較的に軽いので、地震に有効…。

しかも、1枚1枚屋根野地に留め付けいくので、台風にも強いのです。

形状や色など、バリエーションも豊富なので、洋風の家だけでなく、

和風の家にも、対応可能です。

今後、日本の住宅は、ますます厳しい状況になっていく可能性がありますので、

屋根瓦など、材料選びは、慎重にいきたいですよね?

屋根瓦などで、迷われたら、お気軽にご相談ください。(●´ω`●)

ページトップへ戻る