愛犬家住宅|大阪府和泉市で新築・リフォーム・リノベーションなら『一級建築士事務所正住(マイティホーム)』へ。

愛犬家住宅

ペットと暮らす家

ペットに対する人々の意識は大きな変化を見せています。単なる愛玩動物から家族同然の存在ととらえる方が増え、ペットと人の関係はより密度の濃いものとなりました。
けれども、人間とペットの双方にとって住みやすく、なおかつ、来客時にペットがいても困らないように工夫された住宅は少ないのが現状です。

当社では、ペットと共に快適に過ごせる家づくりにも取り組んでおります。
大切な家族の一員である、ペットにとっても暮らしやすい家を建てたいとお考えの方は少なくありません。ペットの室内での飼育が一般化した今、ペットが持つ本能や習性にも配慮しつつ、人とペットがともに幸せになれるような住宅設計をご提案します。

犬にとって理想の住まいとは

愛犬は私たちの大切な家族の一員として、人と同じ環境で生活しています。
特に小・中型犬は散歩以外は室内で過ごす時間がほとんどですので、家族のなかの誰よりも多くの時間を家の中で過ごすことになります。
しかし、人にとって快適な家が愛犬にとっても快適かと言えば、必ずしもそうとは言えません。
愛犬の立場になって改めて家を見直してみましょう。私たちにいつも寄り添ってくれる愛犬を含めた家族みんなが、安心して心地良く生活できる「愛犬家住宅」を考えるチャンスです。

犬が快適に暮らすための工夫

キズ・汚れのつかない床

愛犬との生活で、床に傷や汚れが付くことがとても気になるというお話をよく聞きます。
床材には傷になりにくく汚れが落ちやすい、手入れの簡単な素材を選ぶことをおススメします。愛犬の手が届く範囲の壁は、上下で張替えれば取り替えやすくなります。傷や汚れに強い腰壁を設けるなどの工夫も大切です。
散歩から帰ってきて足洗い場で足を洗った後に、スムーズにお部屋に入れるよう、玄関はタイルなどにするとお掃除もしやすいです。また、人にも犬にもストレスが無いように、動線計画はきちんと行いましょう。しつけと同様に、愛犬に入ってほしくない空間には、あえて段差を設けて“入ってはいけない場所”と認識させることで、人も犬も快適に過ごせます。

足腰に負担のない床

ピカピカに磨き上げたフローリングや室内外の段差は、犬の足腰に負担をかけるだけではなく、思わぬ事故につながるケースがあります。中には脱臼やヘルニアなどの病気にかかり、歩行が困難になってしまう犬もいます。床材は滑りにくい素材を使い、できるかぎり段差はなくしてあげましょう。
また、お掃除は少し大変になるかもしれませんが、愛犬の足腰に負担がかからないようカーペットを選択することも良いでしょう。

快適な空気環境

愛犬と快適に暮らすには、空気環境が大切になります。風通しの良さや換気、空気の流れなどを考えて、愛犬のハウスやトイレを設置します。また、掃除のしやすい環境を整えれば、清潔さが保ちやすくなります。
ニオイを軽減し調湿効果が期待できる壁材や天井材・カーテンなどを取り入れるのもおススメです。

ストレスのない環境

愛犬が安心してゆっくり休めるような専用のスペースをつくってあげましょう。精神的に落ち着いた状態でいると、無駄吠えなども少なくなります。神経質な子は外の物音に怯えてしまいますので、防音性能に優れた住宅にすることで、ストレスを和らげることができます。
例えば、窓に内窓を取り付け二重窓にすると、防音性だけでなく断熱性や防犯性を高めることができます。

愛猫家住宅もお任せください

猫の飼育は交通事故や感染病を予防するため、室内での飼育が推奨されています。
近年は、まれにみる猫ブームが起こっており、猫と人とが快適に過ごせる家づくりへの注目が集まっています。

猫の魅力は、自由奔放でマイペースなところではないでしょうか。室内でもその個性を活かせるような、リラックス空間を作ってあげたいですね。
猫特有の習性や行動を考え、愛猫にとってストレスフリーな住宅環境を整えてあげましょう。

室内飼育されている愛猫の運動不足解消などのために、キャットウォークやキャットスランプ・爪とぎ器・猫くぐり戸などを推奨しますが、やみくもに取り付けただけでは猫は使ってくれません。愛猫が使いやすい・使ってみたいと思うものを作るには、猫の知識・建築の知識が必要になります。
愛猫の習性のことでお困りの方は、猫好きスタッフもいる当社にご相談ください。

ページトップへ戻る