リフォーム|大阪府和泉市で新築・リフォーム・リノベーションなら『一級建築士事務所正住(マイティホーム)』へ。

リフォーム

水回りリフォームを
成功させるための秘訣

水回りリフォームを成功させるための秘訣は、何よりも“時期を逃さない”こと。
早すぎてはもったいないですし、反対に遅すぎると構造まで腐食が進んでしまい、余計な補修費用がかさんでしまうことも。
最適な時期に最適なリフォームを見極めることで、美観性・耐久性・快適性を向上させることができます。

時期・タイミングを、見た目だけで判断するのはNG!

劣化の進行速度はメーカーによって差はありますが、水回り設備の耐久年数は約15~25年です。特に築20年をすぎると、土台や下地材の腐食が進んでいるケースをよく見かけます。

小さなひび割れでも放置してしまうと、水分が入り込んで腐食が進行し、シロアリが発生することも。見た目はキレイでも、表からは見えない部分で劣化しているかもしれませんので、耐久年数を目安にしておくと良いでしょう。
同時に、ガンコなカビ汚れや黄ばみでお掃除が大変になってくる頃です。古いタイプのシステムキッチンや洗面台は、収納不足や使い勝手の悪さも気になるところ。
「まだ使おうと思えば使えるけれど、もっと快適・便利に暮らしたい!」という気持ちが強くなってきたら、その時も水回りリフォームのタイミングと言えます。

水回りリフォームの種類

キッチン

レイアウト変更(壁付け型・対面型・L字型・アイランド型)・部分入れ替え・ビルトイン家電の設置

トイレ

和式から洋式への変更・最新式モデルへの入れ替え・ウォシュレット取り付け

洗面所(脱衣所)

洗面台の取り換え・クッションフロアの張り替え・クロスの張り替え

お風呂

システムバスの設置・浴槽交換・壁や床の張り替え

まとめてリフォームは
おトク!

リフォームは、関連する箇所をまとめて工事すると作業効率が上がり、その分コストが安くつきます。
別々の時期にバラバラの業者へ依頼するよりも、一社・一括で行う方がコストパフォーマンスは良くなること間違いなし◎。
また、水回り設備は住宅リフォームの中で、商品代金がコストの大半を占めています。
お風呂・キッチン・トイレ・洗面台、それらをまとめて仕入れることで割引率が上がり、その分をお客さまに還元できます。

好みのスタイルを取り入れて、
気持ちもお部屋も一新!

リビングや寝室・子ども部屋などには、壁・床・天井・建具などの内装材があり、私達の暮らしにとって最も身近な存在です。毎日見る分、汚れや傷があったり好きではない空間デザインでは、日々の暮らしが暗くなってしまうかも。

「木目を基調とした、カフェのようなオシャレな空間にしたい」
「塗り壁と無垢材で、和モダンテイストの内装デザインにしたい」
「クロスの柄やフローリングの色にこだわって、画一的な印象のマンション室内を変えたい」など、
好きな柄・好きな色・好きなテイストの中で毎日を過ごせば、きっと暮らしが輝き始めます。

もちろん、収納スペースの拡張や、ペットとの暮らしを考えた汚れやニオイに強い内装材を選ぶなどの、実用的な内装リフォームもお任せを!暮らし方や家族構成に合った製品は、各メーカーから数多く登場しています。
少しの工夫で、お客さまのお悩みを解消できるかもしれません。まずはご相談ください。

内装リフォームの種類

壁のリフォーム

黄ばみ・剥がれ・傷・画鋲や釘の穴あき・ひび割れなどの症状が目立ってきたら、クロスの張り替え時期。キッチンやリビング・脱衣所など、湿気・ニオイがこもりやすい場所には、用途に合わせたクロスをお選びします。
また、クロスだけでなく、ペイント壁や珪藻土も選択肢に入れておくと、内装デザインの幅が広がります。

床の張り替え

一般的な複合フローリングをはじめ、無垢材・クッションフロア・タイルカーペットなど、床材は多種多様にあります。
デザイン性やメンテナンス性はもちろんですが、子どもやお年寄りにも優しい床材・ペットが歩きやすい素材など、家族構成に合わせて選ぶと、より快適になるでしょう。

収納スペースの増設

クローゼットや玄関収納のデザインとレイアウトを工夫することで、同じスペースの広さでも、よりたくさんの物が収納できるようになります。
お部屋が片付かない・整理整頓がうまくできない、と感じた際は、ぜひご相談を。

建具の交換・パーツ修理・手すり取り付け

扉の建て付けが悪い・ドアノブがグラグラ・窓サッシが閉まりにくいなど、交換・修理もお任せください。
手すり一本の取り付けだけでも、どうぞご遠慮なく。

バリアフリーリフォームで、
いつまでも安心な住まい

「夫婦二人の老後に備えて、いまのうちに安心で快適な家にしておきたい。親との同居で、介護する側・される側、どちらのことも考えたバリアフリーリフォームをしたい」
そんなご要望を叶えるのが、介護・バリアフリーリフォームです。

「玄関・トイレ・お風呂・廊下に手すりを付けたい」といった簡易的なものから、車いすでの生活を一番に考えたフラット工事まで、当社には数多くの実績がございます。
その中で実は意外と多いのが、家庭内で転倒してケガをしてしまった、というケース。
若年層にとっては気がつかないほどの段差でも、体が不自由な方やお年寄りにとっては、暮らしの中で大きな障害となってしまいます。

健康で元気な今のうちに、住まいの安全性と快適性を確保しておくことで、「あのときやっておいて良かった」と思える日が必ず来ます。
「足を上げるのが辛い」「立ち上がるのに時間がかかる」少しでもそんな風に思ったなら、将来のことを考え、事前に備えておきましょう。

各種補助金の申請、承ります

バリアフリー・介護リフォームを数多く手掛ける当社は、各自治体で用意されている補助金や保険制度に関する知識も備わっています。

介護保険制度では、「要支援」または「要介護1~5」と認定された在宅の方で、住宅改修が必要な人に対し、一生涯で20万円まで、住宅改修の9割を補助してくれます。
※改修内容については条件があるため、必ず事前に確認が必要です。

また、各自治体で助成額はそれぞれ異なります。
早急に判断してしまうと、知らずに後悔してしまうことになりかねません。
各自治体への確認・申請手続きのサポートもいたしますので、早急に判断する前に、まずは当社にご相談ください。

ページトップへ戻る