整理収納のことなら住宅収納スペシャリストにお任せを!|大阪府和泉市で新築・水回りリフォーム・リノベーションなら『一級建築士事務所正住(マイティホーム)』へ。

新着情報

  • お知らせ(イベント案内) / スタッフ日記 / 必見情報!

整理収納のことなら住宅収納スペシャリストにお任せを!

和泉市の収納リフォーム、マイティホームの正住です。

いよいよ、お知らせ、第2弾!?

その前に、当事務所の情報から…。

現在、午後3時時点の当事務所の温度は、32.3℃、湿度64%、

この劣悪な環境の中、毎日、老体に鞭打って頑張っております~。

え、興味ない…、ですよね~(*_*)

というわけで、いよいよ本題へ。

毎日、家事を頑張っておられる主婦の方へ、朗報があります~。

毎日毎日、掃除しても、片付かない、なんとなくスッキリとしない、落ち着かない…、

なんてお悩み、けっこうあるんじゃないでしょうか?

“我が家は、収納場所が少ないから、部屋にモノが溢れていても仕方がない…”、

なんて諦めていませんか?

また、お宅の押入れやクローゼットなど、モノをギュウギュウに押し込んだ状態に、

なっていませんか?

取り出したいものが、すぐに見つかって、取り出せるようになっていますか?

頭の中では、何となくわかっていても、ついつい日々の忙しさに追われ、

片付けが、後回しになっていると言う方も、多いのではないでしょうか。

私自身も、以前は、部屋が散らかっていても、見て見ぬふりをして、

探し物があるたびに、時間を浪費している日々でした。

それが、整理収納のノウハウを学び、実践したことで、驚くほど、部屋がキレイに、

さらに、時短にもなって、毎日ゆとりのある生活が送れるようになりました~。

整理収納のノウハウは、とても奥が深いのですが、今日は、一つだけ…。

昔からある押入れって、使い勝手が悪いなーと感じることは、ないでしょうか?

それも、当然?、今までの押入れは、奥行が深くて、奥の方や上部のスペースを、

上手に活用できていないお宅が、けっこうあるんです。

押し込んだままの状態では、何が入っているのかわからないし、奥のモノを取り出すには、

手前のモノを一度出さないといけないわけで…。う~ん、とても使いずらそう…。

そこで、リフォームでも使える…LIXILの『ヴィータスパネル』

これは、既存の押入れに、上から貼ることができ…、

専用の棚は、簡単に取り外せて、自由に移動することができます。

パネルには、35cm間隔で、レールが埋め込まれています。

35cm間隔なら、ほとんどのモノが収納できます。(∩´∀`)∩

布団やコートは、もちろん、本や衣装ケース、扇風機や掃除機などの家電、

段ボールやスーツケースなどなど。

モノが多すぎて、部屋に溢れていたモノも、スッキリと収納できます。

新たに、収納スペースを作らなくても、既存の収納を見直し、

工夫一つで、スッキリ生活を送ることができます。

整理収納アドバイザー2級、そして、このたび、住宅収納スペシャリストの資格を取得、

整理収納のことでお悩みなら、一度、ご相談下さい。

ページトップへ戻る