整理収納のことでお困りなら…①|大阪府和泉市で新築・水回りリフォーム・リノベーションなら『一級建築士事務所正住(マイティホーム)』へ。

新着情報

  • お知らせ(イベント案内) / スタッフ日記 / 必見情報!

整理収納のことでお困りなら…①

和泉市の整理収納リフォーム、マイティホームの正住です。

本日も、ポカポカ陽気…。春ですなぁ。

昨日も、今日みたいに良い天気でしたので、とある公園に、

梅を見に行ってきました。(●^o^●)

まだ少し、満開になっていないモノもありましたが、

ほぼほぼ、咲いている梅が多く、圧巻でしたよ…。

梅を見に来ている人が多くてビックリしましたが、、皆さん、楽しんでおられましたよ。

ワタクシも、じっくりと梅を堪能することができました。

梅と言えば、赤い花びらと思っていたのですが、白い花びらや黄色、ピンクのモノまであったりして、

色々あるんだなぁと、感動しました~。

最近のコロナ禍で、暗くなりがちな世の中ですが、身近に生命の尊さを感じることができ、

少しずつ、時は進んでるんだな~と、改めて、感じさせられたのでした。

来年こそは、お祭り騒ぎで、花見ができますように…。

関西では、緊急事態宣言が、まもなく解除されるのでは?なんて囁かれていますが、

そんな中、昨日は、自宅の片付けもしてました。

どうしても、家の中に、モノが溢れがちで、なんとなく整然としていなかったのが、悩みでした。

収納するところは限られているし、かといって、モノを捨てるのは、抵抗があるし…。

ワタクシみたいな人間は、まだ使えそうなモノなら、将来のために、残しておこう…と言う考えがあって、

なかなか、捨てられないのです。

そんな中で、なんとか、限られてスペースの中で、収納できないものか…?と考えたところ、

“そうだ、押入れの中を、最大限に使おう…”、と言うことで、

考えて、作ったのが、コレ。

押入れの棚下に、キャスター式の収納(某メーカーの既製品)を、入れ込みました。

イメージは、大きな図書館の書庫などにあるようなモノで、

キャスターを引っぱりだして、側面から、モノを収納することができると言うもの。

これのナニがスゴイのかって言うと、通常、昔の家の押入れって、布団などを収納できるように、

奥行が深くなっています。

しかし、最近では、ベットを使っているご家庭も多く、

大きく嵩張る布団を、たくさん収納しなくても良いご家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、小物などを収納したい場合、既存の押入れでは、奥行が深くて、

押入の手前の方が、使えていないなんてことないですか?

そのため、収納力が減ってしまっていたり、また、

手前にモノを置くと奥にナニをしまったかわからなくて、

奥のモノを出すために、一旦、手前に置いてあるモノを動かして…(´Д⊂ヽ

このキャスター式の収納なら、手前に引っ張りだして、取り出したいモノが一目瞭然。

3つのキャスターの表面には、それぞれ、『お掃除関係』、『日用品関係』、『殺虫剤関係』の

シールが貼ってあるので、迷うことなく、引き出せます。

すぐに在庫がわかるので、余分な買いだめをすることもなく、経済的にもウレシイ。

日々の生活をストレスなく、スッキリと送りたい方は、

整理収納アドバイザーのいる…当社におまかせください。

ページトップへ戻る