現在から約30年前くらいの浴室です。

その当時の、一般的な工事の仕方です。

洗い場土間はタイル、壁面には、床から天井までの一面タイル張り、

天井には、バスリブと言う樹脂製の天井材が使われていました。

 



洗い場の土間から浴槽に入る高さが、中途半端な高さで、危険を伴います。

さらに、脱衣場から、浴室に入る段差も気になります。

少しの段差でも、つまずいたり、すべったりするので、注意が必要です。

浴室入口の引違い建具も、アルミサッシにガラスが組み込まれており、

開閉が重たく、転倒時などは、ガラスが破損する危険性もあります。

 



現在、見積中ですが、お客様には、システムバスをご提案しています。

床、壁などお手入れしやすい素材のものを使用していますし、断熱にも優れているので、

暖かく清潔な浴室空間になります。

さらに、入口の段差は、ほぼなく、また浴槽の出入りもまたぎやすい高さになっていて、

安全性には、得に気を使っています。

お風呂は、一日の疲れをとる場所として、快適な空間でありたいものですよね。

システムバスも多種多様ありますので、気になる方は、ぜひ当社まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━