和泉市のエクステリア、水回りリフォームの正住です。

今日は、とっても良い天気…かな?

本当、最近の天気って、よくわからないですね~ ( ;∀;)



戸建て住宅の廻りを取り囲むように、造られている塀など…。

塀にも、色々なタイプの物がありますけど…、

一昔前なら、鉄製の柵や植木などで、建物廻りを囲っていたところが多いですかね。

現在は、アルミ製のフェンスや、一見、木製フェンスと見間違うような腐らないフェンス、

目隠しでプライバシーを確保しつつ、光や風が抜けていくフェンスなどなど…。

ひとえに、フェンスと言っても、色々なタイプの物がありますよね。

 



それから、昔、塀や門柱廻りによく使われていた…天然の大谷石。

天然の大谷石は、新しいうちは良いのですが、古くなってくると、

ポロポロ、表面から欠けてきます。

年数の経った家で、天然の大谷石があると、ほぼ100%の確率で、

欠けたり、割れたりして、美観を損ねています。

また、地震などで、バッサリ倒れる可能性もあります。

何せ、昔の施工では、大谷石の内部に鉄筋が入っていないため、

ズレたり、大地震などで倒れるかもしれないのです。

事実、阪神大震災の時、南大阪でも塀がバッサリ倒れた事例がありました。

せっかく、建物の外装を新しくリフォームしたりしても、塀廻りがボロボロでは、

台無しですよね…。\(゜ロ\)(/ロ゜)/



今では、人工の大谷石があるので、見た目もいつまでも美しく、ボロボロ欠けてくることもありません。

アルミ製フェンスも良いのですが、重厚感と言う意味では、やはり大谷石の方が優れていると思います。

特に、和風の家などでは、大谷石が良く似合います。

門柱や塀廻り、門扉、ポストなど、少し前に、新しくリフォームさせて頂きました。

インターフォンの配線が、見えているのは、仮です。Σ(・ω・ノ)ノ!

最終は、キッチリと配線を隠蔽して、見た目もスッキリな門廻りになります。



ちなみに、塀の裏側は、こんな感じ…。

塀などのリフォーム工事をする時は、ご相談を。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種リフォーム工事一式・耐震工事・新築・増改築
『一級建築士事務所 正住』

【代表直通】 090-5362-0867
(事務所:0725-92-8186 / 8:00~19:00)
【住所】〒594-1101 大阪府和泉市室堂町96-1-309
【対応エリア】和泉市・堺市を中心に大阪府内

≫【24時間受付】ホームページからのお問い合わせはこちら≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━