2018年1月の一覧

寒すぎるなかの現場調査!?

和泉市の水回りリフォームの正住です。

寒い、寒すぎるっ~。

今日は、また一段と冷えますね~。

本日、1月25日(木)の当社事務所の温度は、8.9℃、湿度52%。

当社事務所は、3階建ての3階にあるため、お日様が出てくると、

少しだけ暖かいはずなんですが…。



ちなみに、私の住んでいる自宅では、築50年の木造2階建て住宅なので、

もっと、寒いのですが…。

なんせ、築50年で、あまり手を入れていないため、

窓サッシまわりなどの隙間風やら、床下から来る寒気やらで、冬場は、とてもつらい…。

基本、土壁の家で、夏は、過ごしやすいほうだと思うのですが、冬は…:;(∩´﹏`∩);:

元々、寒がりなうえに、歳を取ってくると、ますます寒さに弱くなってきますね~。

誰か?、うちの家を暖かい家にしてくれないかな~(笑い)(^_-)-☆



昨日も、風が強くてとても寒いなか、現場調査に行っていたのですが、

手は、かじかんでくるし、鼻水は、出てくるし、ほんと、寒いのヤだ~。

できることなら、寒い日は、外出を控えて、

暖かい部屋から出ることなく、仕事ができたらなあ…。(V)o¥o(V)

まぁでも、一日、外で頑張っている職人さんらに比べたら、だいぶ恵まれていますが…。

(職人さんや外で頑張っている人には、この時期、特に、感謝、感謝です。)

そんなこんな言っておりますが、こんな寒いときは、

ゆっくりと温泉にでも、行きたいなぁと願う、ワタクシなのでありました。


松原市 I邸 屋根工事 現調

和泉市の屋根、水回りリフォームの正住です。

今日は、良い天気~。

今週は、少し寒さが和らぐみたいですが、来週からまた、寒さが厳しくなるみたいで…。

寒くなると、外回りは、堪えますね~。:;(∩´﹏`∩);:



以前に耐震診断をさせて頂いたお客様から依頼があり、

耐震補強を考えているので、一度、相談に乗ってほしいとのこと。

内部の壁補強なども提案させて頂きましたが、やはり?、屋根瓦の重みが建物全体の負担となっているので、

屋根を軽量瓦に葺き替えされてみては、どうでしょうかとの提案をさせて頂きました。

今までに、瓦を葺き替えたことがないとの事でしたので、瓦の劣化なども気になりますし…。

そこで、屋根の点検に行ってきましたっ~。



屋根瓦は、葺いてから30年以上が経っていて、徐々に経年変化が、広がってきています。

特に、1階の屋根の壁際部分は、雨漏れしやすい箇所で、年数が経つとともに、

のし瓦(長方形の平べったい形状の瓦)がハズれてきたり、傾斜が緩くなってきたりします。

のし瓦がハズれると、落下の危険性がありますし、のし瓦の傾斜が緩くなってくると、

雨漏りの原因に繋がる可能性があります。(+o+)

さらに、上の写真で、屋根漆喰(しっくい)のヒビ割れ、欠けなども気になります。

当然、雨風に晒されて、屋根漆喰(地瓦とのし瓦の間にある…白い部分)も傷んできますし、

漆喰が取れて、その裏にある屋根土がむき出しになると、

雨水が建物内部に侵入していくことになります。

怖いですね~、イヤですね~。

屋根漆喰は、定期的に塗り直しする必要があるんですね~。



屋根瓦って、普段、あんまり気に掛けないところなので、見落としがちですが、

雨漏りしてからでは遅いですし、やはり、定期的な点検が必要です。

特に、2階の屋根などは、高所で登れないため、ほとんど見ないですもんね~。

屋根点検のポイント、屋根葺き替えの注意点は、たくさんあるのですが、

ここでは、長くなるので、割愛します~。(●^o^●)

気になる方は、正住へ☎


藤井寺市 Hマンション 漏水修理

和泉市の水回りリフォームの正住です。

毎日、寒い日が続きますね~。

ほんと、寒いのイヤですね~。

ちなみに、当社事務所の本日朝の気温は、11.1℃、湿度56%でした。

これからますます寒くなると思うと、ゾッとします~。(*_*)



そんな中、昨日、現場調査に行ってきました。

昭和48年に建てられた…4階建て鉄筋コンクリート造マンション。

築50年近くと言う事で、あちらこちらで、経年変化&老朽化が…。



年数の経ったマンションで、特に問題になってくるのが、給排水設備…。

古くなってくると、水道の配管などが、老朽化して、水漏れが発生してきます。

1階の部屋だけの問題であればマシなのですが、2階、3階…などの高層階で、

水漏れが発生してきますと、当然、下の階の住戸に水漏れしてきます。

ここのマンションも、2階の住戸から1階の住戸へ、長年に渡り、水漏れしていたみたいで、

1階の住戸の廊下やトイレなどの天井部分に、染み渡っています。

既に、天井がめくられていたので、配管などを確認することができたのですが、

かなり腐食している模様…。



隠れている箇所でも同様のことが考えられるので、途中のどこかで、漏れている可能性が…。

水道メーターを確認しても、回っていなかったので、給水より排水の方があやしいですね…。

もっとも、ごく微量の給水の漏れであれば、水道メーターが回らない可能性があるので、

給水管からの水漏れも100%、否定はできませんが…。(‘ω’)



どちらにせよ、年数が経っているマンションなどでは、設備などの老朽化の問題が深刻化してきますが、

配管などが隠蔽されている以上、簡単に修繕などができないケースが、多いのです。

当然、住人の方が住まわれていますので、大規模な修繕には、住人の方の了承が必要になってきますし、

なにより、費用も高額になってしまう場合が、多いのです。



今後、日本各地で、このような年数の経ったマンションの老朽化などが、露見していくことでしょう。

少子高齢化が謳われて久しいですが、国や自治体は、このような中古マンションや中古住宅の問題を、

早急に対策していく必要が、あると思いますね。(。´・ω・)?


あっという間に、快適生活!?

和泉市の水回りリフォームの正住です。

今日は、風が強かったですね~。

風が強く、とても寒かったのですが、これから先、

もっともっと、寒い日が来ると思うと、とても、憂鬱…。

恥ずかしいことに、ウチの家は、築年数が古く、断熱材が入っていなかったり、

隙間風が入ってきたりで、と~てっも寒いのです。:;(∩´﹏`∩);:

あ~、断熱対策をキッチリとした…暖かい家に住みたいなぁ…と思っている、今日この頃なのでした。



そんな似たような住環境?で、お困りのあなたに朗報です。

断熱対策は、窓廻りからと言う事で、今ある窓を壊すことなく、内側にプラスするだけで、

快適生活が送れると言う…LIXIL インプラスのご紹介です。



おススメポイントは、主に3っつ。

一つ目、窓の断熱性能を高めることで、住まいの心地良さがグンとアップします。

おまけに、エアコン効率が良くなり、家計にも環境にもやさしくなります。

二つ目、冬場は、暖房などで、結露が発生しやすくなりますが、インプラスなら、外気温の影響が受けにくいので、

結露の発生が抑えられます。結果、カビやダニの発生も抑制できます。

三つ目、外窓とインプラス、その間に空気層ができることにより、高い防音性を発揮。

外部の音が気にならないので、心地良い暮らしが実現します。



他にも、二重窓になるので、防犯対策にも繋がるという利点が…。

インプラスは、豊富なバリエーションを誇っているので、

洋室だけでなく、和室にもマッチしますよ~。

さらに、おススメなのが、浴室にインプラスです。(●´ω`●)

脱衣所と浴室の温度差は、急激な血圧変化をもたらし、

心臓に大きな負担をかけます。これを、ヒートショックと言い、

心筋梗塞などになる可能性があるので、気をつけねばなりません。

インプラスで断熱性を高めると、身体にやさしい浴室の温度になるため、

ヒートショックを軽減することができます。

 

建物全部の窓にインプラスを取り付けるのは、大変かもしれませんが、

(工事は、あっと言う間に終わりますが、予算的に…)、(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

とりあえず、よく使う部屋だけでも、窓対策をしてみてはいかかがでしょうか。

寒さが身にしみるこの時期、愛着のある…家では、快適に過ごしたいものですね~。


紫外線対策!?

おはようございます!

和泉市の水回りリフォームの正住です。

お正月が明け、連休も明けて、今日から、本格的に始動と言う感じでしょうか。

休み明けで、まだまだ正月ボケが抜けておりませんが、体調に気を付けて、

この一年間、頑張っていきたいですね~。



寒い季節って、どうしても外出を控えて、長時間、暖房のある部屋などで、過ごしがち…。

そんな寒さが一段と厳しくなる季節だからこそ、冬の肌トラブルを防ぐ紫外線対策が大事なのを、

ご存知でしょうか? (^_-)-☆

冬に向かって紫外線量は減るのですが、その影響は意外にも大きく、

対策を怠ると深刻な肌トラブルへとつながることもあるので、注意が必要です。



冬の紫外線が厄介なのは、主に2つの理由からです。

それは、…

『肌が刺激を受けやすい状態になっている。』、

そして、『雪が紫外線を反射する』 。

空気の乾燥によって、肌の水分が失われると肌表面の角質がめくれて、その隙間から紫外線が

入り込み、肌の奥深くまでダメージを与えてしまいます。

紫外線は、シミやタルミといった肌ダメージを引き起こすので、注意が必要です。

今まで、あまり気にしてきませんでしたが、本当に怖いんですね、紫外線って。

では、紫外線対策って、どんなの?



それは、冬でも日焼け止めを上手に使う…と言うことらしいのです。

日焼け止めの種類や塗り方についても、気を付けなければならないことが…。

地上に降り注ぐ紫外線には、UVA波とUVB波があって、

UVA波を防止するのはPA値、UVB波を防止するのはSPF値が、重要と言うことで、

冬の紫外線対策用には、肌のバリア機能が低下しているので、数値が低く、肌に優しいタイプの

日焼け止めを選びましょうとのことでした。

この辺りになると、私には、チンプンカンプンなのでした。( 一一)

さらに、塗り方としては、顔や首元に日焼け止めを塗る場合は、まず化粧水や乳液で保湿を

しておくことが大切とのこと。



さらに、日焼け止めは、お出かけの直前ではなく、お出かけ30分ほど前に塗っておくのが、

オススメとのことでした。また、開封してから、時間が経ってしまった日焼け止めは、

肌の酸化や老化の原因となることもあるので、シーズンごとに新しいものを用意しましょう。

やはり、いつまでも若々しく、健康で居続けるには、日頃からのお手入れが重要と言う事…、

この記事を書いている、私が一番、勉強になりました~。

みなさんも、紫外線には、気を付けてくださいね~。(*´▽`*)


新年のご挨拶!!

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。(*´▽`*)

和泉市の屋根、水回りリフォームの正住です。

皆様、お正月は、ゆっくりと過ごされましたでしょうか。

 



私自身は、大晦日には、久しぶりに紅白を見て、ゆっくりと過ごすことができました。

今日は、天気が悪く、とても寒いですが、

お正月3ヶ日は、天気が良く、穏やかなお正月を過ごすことができましたし、

1年のスタートとしては、最高のスタートを切ったと思いますね~。

しかし、初詣で引いた…おみくじは、なんとも微妙な“小吉” …。

小吉って、確か、“吉” シリーズのなかでも、一番下だったかな…。

あんまり良い事が書いていなかったので、速攻、枝に結んできましたっ~。

これで、今年は、良い年になるはず…。

いや、絶対に良い年になるっ!?

たぶん、なるかな、うん、なるよきっと…。(V)o¥o(V)



そんなわけで、今年は、今までやって来た事を思い切って改革したり、、新しいことに挑戦したり、

昨年以上に攻めていこうと、心に誓ったワタクシなのでありました。

具体的には、これからなのですが、随時、報告させて頂きたいと思いますので、乞うご期待。

今年の年末には、自信を持って、“今年は良い年だったなぁ…” と言えるように、

キッチリと準備をして、一年間、乗り切っていきたいと思います。

皆様のご健康とご多幸を祈りつつ、

今年も、正住を、ご愛顧のほどよろしくお願い致します。ヾ(≧▽≦)ノ

 

 

 

 

 

 


▲TOPへ